慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K08566seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K08566seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :184.0 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 271

Total downloads since Oct 31, 2019 : 271
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 二職種間意思決定プロセスを円滑にする教育プログラムの開発と評価  
カナ ニショクシュカン イシ ケッテイ プロセス オ エンカツ ニ スル キョウイク プログラム ノ カイハツ ト ヒョウカ  
ローマ字 Nishokushukan ishi kettei purosesu o enkatsu ni suru kyōiku puroguramu no kaihatsu to hyōka  
別タイトル
名前 Development and assessment of a nurse-doctor decision-making process training  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 杉本, なおみ  
カナ スギモト, ナオミ  
ローマ字 Sugimoto, Naomi  
所属 慶應義塾大学・看護医療学部 (藤沢) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70288124

名前 大西, 弘高  
カナ オオニシ, ヒロタカ  
ローマ字 Ōnishi, Hirotaka  
所属 東京大学・大学院医学系研究科 (医学部) ・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90401314

名前 酒井, 郁子  
カナ サカイ, イクコ  
ローマ字 Sakai, Ikuko  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前 藤沼, 康樹  
カナ フジヌマ, ヤスキ  
ローマ字 Fujinuma, Yasuki  
所属  
所属(翻訳)  
役割 Collaborator  
外部リンク  

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
面接調査 (医師20名・看護師22名) では、医師から①報告・確認が不適切②処置の優先度の理解が異なる③患者の個別性に配慮した治療を行いたいのに即断を求められるとの報告が見られた一方、看護師は①指示がない・不適切②処方変更・退院指示が遅い③非倫理的言動があるとの報告が見られた。
続いて、上記144事例に基づき設計した連携研修 (医師・看護師各21名) を実施・評価した。連携能力自己評価は受講前<受講直後<受講1~3ヶ月後の順に高かった。研修に関しては、他参加者の意見を知る機会、主体的な参加、実践例の活用において高評価を得た一方、時間配分、臨床との関連性、目的説明、などの評価が低かった。
Twenty doctors and twenty-two nurses participated in the interview on interprofessional work (IPW). Doctors reported many incidents where: a)nurses' report / check is inadequate, b) nurses have different priorities over various procedures, or c) nurses demand immediate decisions when doctors want to wait for patients' reactions / responses to certain procedures. Nurses, in contrast, mainly reported cases in which: doctors a) fail to make prompt / adequate requests, b) are late in changing prescriptions or permitting discharge, or c) conduct unethical behavior.
Twenty-one each of doctors and nurses participated in an PW training designed with the 144 episodes reported above. Self-report on IPW competence went up from "prior to training" to "immediately past training" and yet to "1-3 month(s) after training." The program evaluation was high for interactive designs and realistic examples, but low for time management, applicability in actual practice or clarity of training goals.
 
目次

 
キーワード
多職種連携  

医師・看護師関係  

コミュニケーション教育  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2015~2018
課題番号 : 15K08566
研究分野 : 医療コミュニケーション学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 11:00:56  
作成日
Oct 31, 2019 11:00:56  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (488) 1st
2位 斎藤隆夫の「粛軍... (419)
3位 慶應義塾図書館史... (414)
4位 認知文法から考え... (395)
5位 M&Aにおける... (383)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A study on the s... (393) 1st
2位 新参ファンと古参... (321)
3位 日本における美容... (303)
4位 興味が引き起こさ... (252)
5位 新自由主義に抗す... (250)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース