慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K05504seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K05504seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :451.7 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 372

Total downloads since Nov 12, 2018 : 372
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 環転位メタセシスおよび生合成模倣反応を利用した新規骨格構築法の開発とその応用  
カナ カンテンイ メタセシス オヨビ セイゴウセイ モホウ ハンノウ オ リヨウシタ シンキ コッカク コウチクホウ ノ カイハツ ト ソノ オウヨウ  
ローマ字 Kanteni metaseshisu oyobi seigōsei mohō hannō o riyōshita shinki kokkaku kōchikuhō no kaihatsu to sono ōyō  
別タイトル
名前 Development and application of methods for constructing new skeletons by use of ring-rearrangement metathesis and biomimetic reactions  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 高尾, 賢一  
カナ タカオ, ケンイチ  
ローマ字 Takao, Kenichi  
所属 慶應義塾大学・理工学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70287481
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
近年の有機合成化学の分野では, 「ideal synthesis」を実現させるための画期的な合成戦略が求められている。このような観点から, 私たちは連続メタセシス反応に着目し, 高度に歪んでいるシクロブテンカルボン酸エステルからγ-ブテノリド骨格を構築する環転位メタセシス反応を開発した。本研究では, 環転位メタセシス反応のさらなる応用を図るとともに, 生合成を模倣した反応と組み合わせることで, より複雑な構造を有する天然物の合成研究を行った。その結果, クラビラクトンDの全合成および構造訂正を達成することができた。さらに, アクアトリドの生合成前駆体の合成にも成功した。
In the field of synthetic organic chemistry, a revolutionary new strategy is needed to achieve "the ideal synthesis". From this perspective, we focused on sequential metathesis and developed a novel ring-rearrangement metathesis, which allows the one-pot transformation of a strained cyclobutenecarboxylate into a γ-butenolide. In this study, further applications of the ring-rearrangement metathesis were examined and a biomimetic reaction was used to construct more complex structures of natural products. As a result, we achieved the total synthesis and structural revision of clavilactone D. In addition, we succeeded in the synthesis of a biogenetic precursor of aquatolide.
 
目次

 
キーワード
メタセシス  

骨格変換  

天然物合成  

シクロブテンカルボン酸  

ブテノリド  

生合成模倣反応  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(C)(一般)
研究期間 : 2015~2017
課題番号 : 15K05504
研究分野 : 有機合成化学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:24:16  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:16  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (502) 1st
2位 慶應義塾図書館史... (392)
3位 斎藤隆夫の「粛軍... (379)
4位 認知文法から考え... (362)
5位 M&Aにおける... (360)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 医療用呼吸温湿度... (723) 1st
2位 A study on the s... (391)
3位 新参ファンと古参... (360)
4位 新自由主義に抗す... (264)
5位 日本における美容... (248)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース