慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K04036seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K04036seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :174.6 KB
Last updated :Oct 31, 2019
Downloads : 555

Total downloads since Oct 31, 2019 : 555
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 格差と序列による対立と葛藤の生成プロセスとその解決に関するゲーミング研究  
カナ カクサ ト ジョレツ ニ ヨル タイリツ ト カットウ ノ セイセイ プロセス ト ソノ カイケツ ニ カンスル ゲーミング ケンキュウ  
ローマ字 Kakusa to joretsu ni yoru tairitsu to kattō no seisei purosesu to sono kaiketsu ni kansuru gēmingu kenkyū  
別タイトル
名前 Gaming research on the solution process of conflict caused by economic status  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 杉浦, 淳吉  
カナ スギウラ, ジュンキチ  
ローマ字 Sugiura, Junkichi  
所属 慶應義塾大学・文学部 (三田) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70311719

名前 吉川, 肇子  
カナ キッカワ, トシコ  
ローマ字 Kikkawa, Toshiko  
所属 慶應義塾大学・商学部 (三田) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70214830

名前 池上, 知子  
カナ イケガミ, トモコ  
ローマ字 Ikegami, Tomoko  
所属 大阪市立大学・大学院文学研究科・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 90191866
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2018  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
社会の構成員の間で生じる対立や葛藤をゲーミング・シミュレーションでモデル化し、葛藤の発生・維持・解消のプロセスを検討した。第1に、環境行動を促す説得的コミュニケーションに格差認識を導入し、説得における経済的地位の役割について行動意図と社会的公正の関係を示した。第2に、格差是正を協力とチームワークによる問題解決と設定し、協力が利益につながる機会を提供することで利害が異なる人々の間でのチームワークが上昇することを確認した。第3に、格差拡大と是正の問題をゲームルールの変更課題として再現し、システム変革動機について検討できるようなゲーミングを完成させた。
We modeled the conflicts that occur among the members of society by gaming simulation, and examined the process of occurrence, maintenance and cancellation of conflicts. First, economic status was introduced into persuasive communication to promote environmental behavior, and the relationship between action intention and social justice was shown about the role of economic status in persuasion. Second, we set gap correction as problem solving by cooperation and teamwork, and confirmed that teamwork among people with different interests is enhanced by providing opportunities for cooperation to be profitable. Third, by reproducing the solution of the problem of the economic gap as a change task of the game rules, we completed the game where we could study the system change motive.
 
目次

 
キーワード
ゲーミング  

経済格差  

葛藤解決  

システム変革動機  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2015~2018
課題番号 : 15K04036
研究分野 : 社会心理学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 31, 2019 15:48:11  
作成日
Oct 31, 2019 11:00:55  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 31, 2019    インデックス を変更
Oct 31, 2019    著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,著者 著者ID,抄録 内容,注記 を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2018年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1600) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (690)
3位 Bidet toilet use... (508)
4位 731部隊と細菌戦 ... (501)
5位 新自由主義に抗す... (382)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (983) 1st
2位 インフルエンサー... (494)
3位 石垣島の「エコツ... (423)
4位 酢酸エステル類の... (403)
5位 興味が引き起こさ... (395)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース