慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15K02349seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15K02349seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :410.3 KB
Last updated :May 17, 2022
Downloads : 50

Total downloads since May 17, 2022 : 50
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル モダニズム文学形成期の英米における慶應義塾の介在と役割  
カナ モダニズム ブンガク ケイセイキ ノ エイベイ ニ オケル ケイオウ ギジュク ノ カイザイ ト ヤクワリ  
ローマ字 Modanizumu bungaku keiseiki no Eibei ni okeru Keiō gijuku no kaizai to yakuwari  
別タイトル
名前 Modernism and Keio University around the turn of the century  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 巽, 孝之  
カナ タツミ, タカユキ  
ローマ字 Tatsumi, Takayuki  
所属 慶應義塾大学・文学部 (三田) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 30155098
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2020  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究で不可欠なのは英米のモダニズムと日本の近代化とがいかなる相互交渉を行なったかという歴史的背景の分析であり、特に福澤諭吉や野口米次郎らの環大陸的動向に焦点を定めてきたが、 2020年度にはその文脈の成果として、まず慶應義塾大学アメリカ学会の 2019年 12月の国際シンポジウムを踏まえた論文を同学会の機関誌創刊号に発表したこと、さらに同テーマで日本学術会議が主催した国際シンポジウム「言語・文学委員会 人文学の国際化と日本語文科会」に出席して論考「日英モダニズムの果実」を発表したこと、またそこで得られた見識を世界文学語圏横断ネットワークにおける世界文学シンポジウムで討議することができた。
This project has consistently focused on the transnational literary and cultural negotiations between Euro-American Modernists and Japanese Modernizers, with special emphasis on the figures like Fukuzawa Yukichi and Noguchi Yonejiro. From this perspective this year I could publish a very ambitious article "Transnational American Studies: or, Trans-Atlantic, Trans-Pacific, Trans-Chronological" l in the inaugural issue of the Journal of Keio American Studies(April), delivered a paper on comparative modernism at the international symposium sponsored by Science Council of Japan(July), and discussed the theoretical dimension of World Literature at an interdisciplinary symposium held by Cross-Lingual Network(March 2021). Although COVID-19 prevented me from conducting an extensive research in the United States, the development of ZOOM made it easier for us to have international discussions with Euro-American and Australasian specialists in the field of Modernism and Modernization. 
 
目次

 
キーワード
横浜正金銀行  

南方熊楠  

夏目漱石  

小泉信三  

野口米次郎  

近代化  

エズラ・パウンド  

モダニズム  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (C) (一般)
研究期間 : 2015~2020
課題番号 : 15K02349
研究分野 : アメリカ研究
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
May 17, 2022 13:20:28  
作成日
May 17, 2022 13:20:28  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
May 17, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2020年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (510) 1st
2位 実践的推論の合理... (437)
3位 新自由主義に抗す... (425)
4位 統治の思想と実務... (325)
5位 攻撃衝動の体系的... (314)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (1557) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (844)
3位 独ソ不可侵条約と... (742)
4位 アセトアニリドの... (507)
5位 楽天とアマゾンの... (397)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース