慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15H06583seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15H06583seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :227.8 KB
Last updated :Sep 21, 2017
Downloads : 389

Total downloads since Sep 21, 2017 : 389
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル コーチングのジレンマの解決に向けたライフスキルコーチの育成  
カナ コーチング ノ ジレンマ ノ カイケツ ニ ムケタ ライフ スキル コーチ ノ イクセイ  
ローマ字 Kochingu no jirenma no kaiketsu ni muketa raifu sukiru kochi no ikusei  
別タイトル
名前 The development of human resources with lifeskill coaching method aiming to problem solving on coaching dilemma  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 東海林, 祐子  
カナ トウカイリン, ユウコ  
ローマ字 Tokairin, Yuko  
所属 慶應義塾大学・大学院政策・メディア研究科・准教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80439249
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2016  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究は高校運動部活動指導者が望ましいコーチングを獲得するためのプログラム開発の支援とそれをサポートするライフスキルコーチの育成を目指した。2015年度は高校部活動の指導者と選手にライフスキル現状把握のアンケート調査を実施し, その結果からライフスキルプログラムを介入するという一連の調査を実施した。特にライフスキルプログラムの中でも「考える力」は時間がかかるが, 指導者と選手の信頼関係を構築するプログラムが重要であることもわかった。
2016年度は指導者向けの「コーチングのジレンマ」に関するシンポジウムを開催した。具体的な事例を挙げながら知見を重ねるシンポジウムはホームページを通じて発信された。
This study has designed for making the better coaching programs focusing on the high school- sporting club activities. The purpose of this study is to support the program developments of the favorable and effective coaching methods, and to cultivate the human resources who will be able to assist the programs based on the ideas of life skill coaching.
The term of 2015(from April to the next March), the project had carried out the questionnaire research on the coaches and the players (both belong to the high schools of each). It has become clear that it is required much training time to develop the players' ability to think (included the feedback activities; to think, to act, and to find), and for the sake of desirable achievement, it is crucial to set the meaningful programs which will be able to build up the trustful relationships between the coaches and the players.
In the term of 2016, this study project held the symposium about ‘coaching dilemma' for the sporting trainers.
 
目次

 
キーワード
スポーツ  

ジレンマ  

指導者  

コーチ  

ライフスキル  

ライフスキルプログラム  
NDC
 
注記
研究種目 : 研究活動スタート支援
研究期間 : 2015~2016
課題番号 : 15H06583
研究分野 : スポーツ心理学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2017 15:40:52  
作成日
Sep 21, 2017 15:40:52  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2016年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 出生率及び教育投... (775) 1st
2位 『うつほ物語』俊... (474)
3位 新自由主義に抗す... (384)
4位 731部隊と細菌戦 ... (356)
5位 二〇二三年度三田... (269)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2455) 1st
2位 家族主義と個人主... (1905)
3位 731部隊と細菌戦 ... (574)
4位 猫オルガンとはな... (510)
5位 新参ファンと古参... (438)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース