慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15H04992seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15H04992seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :239.5 KB
Last updated :Aug 29, 2019
Downloads : 200

Total downloads since Aug 29, 2019 : 200
 
タイトル
タイトル 新規自己免疫性難聴トランスジェニックマウスによる蝸牛イムノバイオロジーの新展開  
カナ シンキ ジコ メンエキセイ ナンチョウ トランスジェニック マウス ニ ヨル カギュウ イムノバイオロジー ノ シンテンカイ  
ローマ字 Shinki jiko menekisei nanchō toransujenikku mausu ni yoru kagyū imunobaiorojī no shintenkai  
別タイトル
名前 Immunobiology in the cochlea: an analyses with a novel autoimmune transgenic mouse  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 小川, 郁  
カナ オガワ, カオル  
ローマ字 Ogawa, Kaoru  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 00169179

名前 藤岡, 正人  
カナ フジオカ, マサト  
ローマ字 Fujioka, Masato  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 70398626

名前 神崎, 晶  
カナ カンザキ, ショウ  
ローマ字 Kanzaki, Shō  
所属 慶應義塾大学・医学部(信濃町)・講師  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 50286556

名前 原田, 竜彦  
カナ ハラダ, タツヒコ  
ローマ字 Harada, Tatsuhiko  
所属 国際医療福祉大学・大学病院・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team member  
外部リンク 科研費研究者番号 : 60238186
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
当研究では自己免疫発症の実態である免疫寛容の破綻に焦点を当て, 発生工学を駆使して新規自己免疫性難聴トランスジェニックマウス(Tg)モデルを樹立し解析している。内耳有毛細胞に外来抗原HAを強制発現するMath-HAを樹立し, さらにこのHA抗原を特異的に認識するCD4+ T細胞, CD8+ T細胞を有するTg(6.5TCR,CL4-TCR)と交配させたところ, 前者との二重Tgは一側性低音障害から始まる変動性進行性感音難聴を, 後者との二重Tgは緩徐進行性両側性高音障害型難聴を呈した。また前者の一部に, 難聴の進行に伴って姿勢障害, 歩行障害を呈する個体が現れ, 組織学的には内リンパ水腫を呈していた。
In this study, we focus on the immune tolerance and intolerance in the cochlea, which is the actual condition of autoimmune onset. We established a novel autoimmune hearing loss model by generating Math-HA transgenic mouse (Tg) carrying a foreign antigen HA specifically in the inner ear hair cells and crossed with T-cell Tgs (6.5 TCR, CL4-TCR) harboring CD4+ and CD8+ T cells which specifically recognize this HA antigen, respectively. Double Tg with the former exhibited fluctuating progressive sensory hearing loss starting with unilateral low-tone dominant deafness, and the double Tg with latter exhibited slow progressive bilateral high-frequency dominant hearing loss. In addition, part of the former double Tgs displayed postural disorder and gait disturbance as the hearing loss progresses, with the endolymphatic hydrops observed in the cochlear sections.
 
目次

 
キーワード
免疫学  

耳科学  

自己免疫  

難聴  

橋渡し研究  

前庭障害  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(B)(一般)
研究期間 : 2015~2017
課題番号 : 15H04992
研究分野 : 耳科学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 29, 2019 11:02:42  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:09  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
Aug 29, 2019    出版地 場所,出版者 名前,出版者 カナ,出版者 ローマ字,日付 出版年(from:yyyy),日付 出版年(to:yyyy),日付 作成日(yyyy-mm-dd),日付 記録日(yyyy-mm-dd),形態,上位タイトル 名前,上位タイトル 翻訳,上位タイトル 巻,上位タイトル 号,上位タイトル 年,上位タイトル 開始ページ,上位タイトル 終了ページ,ISSN,ISBN,URI,JaLCDOI を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 組織市民行動が成... (473) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (421)
3位 人びとはどのよう... (357)
4位 もしも世界がみん... (350)
5位 伊藤隆太君学位請... (314)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 ON THEOREMS OF G... (2296) 1st
2位 アセトアニリドの... (1005)
3位 家族主義と個人主... (442)
4位 中和滴定と酸塩基... (426)
5位 刑法における因果... (421)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース