慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15H04648seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15H04648seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :180.1 KB
Last updated :Nov 12, 2018
Downloads : 363

Total downloads since Nov 12, 2018 : 363
 
タイトル
タイトル 脂質代謝バランス異常を伴う疾患の病態解明と創薬に向けた基盤研究  
カナ シシツ タイシャ バランス イジョウ オ トモナウ シッカン ノ ビョウタイ カイメイ ト ソウヤク ニ ムケタ キバン ケンキュウ  
ローマ字 Shishitsu taisha baransu ijō o tomonau shikkan no byōtai kaimei to sōyaku ni muketa kiban kenkyū  
別タイトル
名前 Elucidation of disease pathogenesis associated with dysregulated lipid metabolism and their potential therapeutic applications  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 有田, 誠  
カナ アリタ, マコト  
ローマ字 Arita, Makoto  
所属 慶應義塾大学・薬学部・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 80292952
Publisher  
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2017  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本研究では, 脂肪酸代謝バランスの変化による疾患制御の分子メカニズム解析として, ω3脂肪酸のエイコサペンタエン酸(EPA)が生体内で機能性代謝物17, 18-EpETEに変換され, 抗炎症, 抗アレルギー作用を発揮することを明らかにした。さらに, EPAから17, 18-EpETEの産生に関わるボトルネック酵素として, 5種類のCYP(1A2, 2C50, 4A12a, 4A12b, 4F18)を明らかにした。今後, ω3脂肪酸の機能性発現における本代謝経路の生理的意義の解明が期待される。その他, 最先端のリピドミクス解析技術を駆使し, 各種疾患制御における脂肪酸代謝バランスの重要性について明らかにした。
In this study, we identified omega-3 eicosapentaenoic acid (EPA)-derived bioactive metabolite, namely 17,18-EpETE, that possess anti-inflammatory and/or anti-allergic actions in vivo. Moreover, we identified cytochrome P450 (CYP) enzymes that play rate-limiting roles in controlling active conversion of EPA into 17,18-EpETE. These findings will elucidate the physiological importance of this metabolic pathway of omega-3 fatty acids in controlling inflammation and related diseases. Also we demonstrated the importance of fatty acid balance and their metabolic interactions in many disease models by using the advanced LC-MS/MS-based lipidomics system.
 
目次

 
キーワード
脂質代謝  

抗炎症作用  

リピドミクス  

生理活性物質  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究(B)(一般)
研究期間 : 2015~2017
課題番号 : 15H04648
研究分野 : 生物系薬学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 12, 2018 15:24:00  
作成日
Nov 12, 2018 15:24:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 12, 2018    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2017年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ドイツのSNS対策... (485) 1st
2位 記憶の社会学・序... (466)
3位 アルコール発酵の... (430)
4位 日本における小売... (388)
5位 ロマン主義として... (318)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1172) 1st
2位 刑法における因果... (708)
3位 Instagram解析に... (583)
4位 家族主義と個人主... (576)
5位 文化帝国主義とい... (510)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース