慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
KAKEN_15H02222seika  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
KAKEN_15H02222seika.pdf
Type :application/pdf Download
Size :333.6 KB
Last updated :Mar 5, 2021
Downloads : 80

Total downloads since Mar 5, 2021 : 80
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル クラスレート水和物の相平衡条件の分子論的予測手法の開発  
カナ クラスレート スイワブツ ノ ソウヘイコウ ジョウケン ノ ブンシロンテキ ヨソク シュホウ ノ カイハツ  
ローマ字 Kurasurēto suiwabutsu no sōheikō jōken no bunshironteki yosoku shuhō no kaihatsu  
別タイトル
名前 Development of prediction method of equilibrium conditions for clathrate hydrate  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 泰岡, 顕治  
カナ ヤスオカ, ケンジ  
ローマ字 Yasuoka, Kenji  
所属 慶應義塾大学・理工学部 (矢上) ・教授  
所属(翻訳)  
役割 Research team head  
外部リンク 科研費研究者番号 : 40306874
 
出版地
 
出版者
名前  
カナ  
ローマ字  
日付
出版年(from:yyyy) 2020  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
1 pdf  
上位タイトル
名前 科学研究費補助金研究成果報告書  
翻訳  
 
 
2019  
 
開始ページ  
終了ページ  
ISSN
 
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
分子シミュレーションを用いて, メタンをはじめとした様々なゲスト分子に対応した相平衡条件の予測が可能となる計算方法を確立した.クラスレート水和物/水/ゲストの系において, 温度・体積一定の分子動力学シミュレーションを用いて相平衡条件を求める直接的な方法を提案し, 実験結果および先行研究と比較し, 本研究の妥当性を示した.また, クラスレート水和物・ゲストの系から充填率を自動的に再現するギブスアンサンブル・モンテカルロシミュレーションの計算方法を提案した.これらの計算とメタンや水素等の実験の相平衡データと比較し, 本方法の検証を行い妥当な結果を得た.
To develop prediction methods of three-phase equilibrium conditions of methane hydrate by molecular simulations, we examined the use of NVT (isometric-isothermal) molecular dynamics (MD) simulations. NVT MD simulations of coexisting solid hydrate, liquid water, and vapor methane phases were performed at four different temperatures. We found that the calculated equilibrium pressures tended to be higher than those reported by previous simulation studies using the same water model. The deviations of equilibrium conditions from previous simulation studies are mainly attributable to the employed calculation methods of pressure and Lennard-Jones interactions. Isobaric-isothermal Gibbs ensemble Monte Carlo simulations of methane hydrates in equilibrium with bulk methane are performed to calculate large and small cage occupancies. The simulations provide comprehensive predictions of large and small cage occupancies for temperatures and pressures. We also performed hydrogen hydrate system.
 
目次

 
キーワード
クラスレート水和物  

分子動力学シミュレーション  

モンテカルロシミュレーション  

充填率  

平衡条件  
NDC
 
注記
研究種目 : 基盤研究 (A) (一般)
研究期間 : 2015~2019
課題番号 : 15H02222
研究分野 : 熱工学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Research Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 05, 2021 13:19:09  
作成日
Mar 05, 2021 13:19:09  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 5, 2021    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 科学研究費補助金研究成果報告書 / 2019年度 / 日本学術振興会
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (468) 1st
2位 慶應義塾大学薬学... (393)
3位 新自由主義に抗す... (379)
4位 ドイツのSNS対策... (376)
5位 攻撃衝動の体系的... (360)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (805) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (632)
3位 ドイツのSNS対策... (595)
4位 なぜ日本ユニテリ... (594)
5位 アセトアニリドの... (448)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース