慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN10086101-00000012-0183  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 原因関係に基づく抗弁  
カナ ゲンイン カンケイ ニ モトズク コウベン  
ローマ字 Genin kankei ni motozuku koben  
別タイトル
名前 Defences founded on "causa" of issue or transfer in unifom law on bills of exchange and promissory note  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 今泉, 邦子  
カナ イマイズミ, クニコ  
ローマ字 Imaizumi, Kuniko  
所属 慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学大学院法学研究科  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ダイガクイン ホウガク ケンキュウカ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku daigakuin hogaku kenkyuka  
日付
出版年(from:yyyy) 1992  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 法學政治學論究 : 法律・政治・社会  
翻訳 Hogaku seijigaku ronkyu : Journal of law and political studies  
 
12  
1992  
3  
開始ページ 183  
終了ページ 214  
ISSN
0916278X  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録

 
目次
一 序
二 原因関係に基づく抗弁が手形行為当事者間で認められる理由
(一) 手形関係の無因性を原因関係の当事者間でも貫徹する説
(二) 手形関係の有因性を原因関係の当事者間で認める説
三 原因関係に基づく手形返還請求を認める必要性とその理論的根拠
四 原因の欠缺と手形返還請求事由との関係
五 無因論を支持する理由
六 原因関係に基づく第三者に対する手形返還請求の根拠
七 手形法一七条但書および一九条二項但書の抗弁
八 手形譲渡の原因が欠缺した所持人のなす支払請求
九 残された問題
 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
none  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 06, 2012 09:00:00  
作成日
Nov 06, 2012 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 法学研究科 / 法學政治學論究 / 12 (199203)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (551) 1st
2位 実践的推論の合理... (449)
3位 新自由主義に抗す... (426)
4位 統治の思想と実務... (360)
5位 Brain Tech guide... (311)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (1163) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (845)
3位 独ソ不可侵条約と... (744)
4位 アセトアニリドの... (557)
5位 楽天とアマゾンの... (402)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース