慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN10079809-20230930-0059  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN10079809-20230930-0059.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.3 MB
Last updated :Oct 24, 2023
Downloads : 472

Total downloads since Oct 24, 2023 : 472
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 中学校理科のオンライン授業におけるルーブリックの活用に関する一考察  
カナ チュウガッコウ リカ ノ オンライン ジュギョウ ニ オケル ルーブリック ノ カツヨウ ニ カンスル イチ コウサツ  
ローマ字 Chūgakkō rika no onrain jugyō ni okeru rūburikku no katsuyō ni kansuru ichi kōsatsu  
別タイトル
名前 The examination of strategies by using rubrics in performance assessment for online learning  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 竹田, 大樹  
カナ タケダ, ヒロキ  
ローマ字 Takeda, Hiroki  
所属 慶應義塾湘南藤沢中等部・高等部  
所属(翻訳) Keio Shonan Fujisawa Junior & Senior High School  
役割  
外部リンク  

名前 鈴木, 一成  
カナ スズキ, イッセイ  
ローマ字 Suzuki, Issey  
所属 東洋大学  
所属(翻訳) Toyo University  
役割  
外部リンク  

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
横浜  
出版者
名前 慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ヒヨシ キヨウ カンコウ イインカイ  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku Hiyoshi kiyō kankō iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2023  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶應義塾大学日吉紀要. 自然科学  
翻訳 The Hiyoshi review of natural science  
 
70  
2023  
9  
開始ページ 59  
終了ページ 77  
ISSN
09117237  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
In the midst of the onslaught of COVID-19, the field of education was severely constrained and continues to be so in 2022. The purpose of this study is to find clues on how to implement Proactive, Interactive, and Deep Learning in online learning during the school closure period at the beginning of the 2020 school year in Japan. From several previous studies, it can be said that Proactive, Interactive, and Deep Learning in science education is a problem-solving learning activity based on the investigative activity process. In addition, it has been pointed out that rubrics for performance assessment are necessary to contribute to the realization of such learning. Therefore, we incorporated the process of teacher and child collaboratively creating a rubric into the classroom practice and analyzed whether proactive, interactive, and deep learning can be realized in online learning.
As a result, in an environment without direct face-to-face contact, the performance assessment based on the rubric jointly created by students and teachers using the pass-the-hat model revealed that students' problem-solving learning activities were realized. Although the online learning was carried out in the specific situation of school closures due to COVID-19, the creation of rubrics and the performance assessment through their use were seen as suggesting the possibility of promoting Proactive, Interactive and Deep Learning.
 
目次

 
キーワード
Performance Assessment  

Rubric  

Online Learning  

ICT  
NDC
 
注記
教育
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 24, 2023 16:23:21  
作成日
Oct 24, 2023 16:23:21  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Oct 24, 2023    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 日吉紀要 / 自然科学 / 70 (2023)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 出生率及び教育投... (775) 1st
2位 『うつほ物語』俊... (474)
3位 新自由主義に抗す... (384)
4位 731部隊と細菌戦 ... (356)
5位 二〇二三年度三田... (269)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2455) 1st
2位 家族主義と個人主... (1905)
3位 731部隊と細菌戦 ... (574)
4位 猫オルガンとはな... (510)
5位 新参ファンと古参... (438)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース