慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN10065043-20100531-0225  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN10065043-20100531-0225.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.5 MB
Last updated :Jul 13, 2010
Downloads : 3627

Total downloads since Jul 13, 2010 : 3627
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ヴィオラ・ダ・ガンバの視点から見る, 現代における古楽器製作の変遷と今後(1)  
カナ ヴィオラ・ダ・ガンバ ノ シテン カラ ミル, ゲンダイ ニ オケル コガッキ セイサク ノ ヘンセン ト コンゴ (1)  
ローマ字 Viora da ganba no shiten kara miru, gendai ni okeru kogakki seisaku no hensen to kongo (1)  
別タイトル
名前 The viola da gamba today : is it a historical or a modern instrument? (Part I)  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 石井, 明  
カナ イシイ, アキラ  
ローマ字 Ishii, Akira  
所属 慶應義塾大学経済学部教授  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
横浜  
出版者
名前 慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ヒヨシ キヨウ カンコウ イインカイ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku hiyoshi kiyo kanko iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2010  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶應義塾大学日吉紀要. 人文科学  
翻訳 The Hiyoshi review of the humanities  
 
25  
2010  
 
開始ページ 225  
終了ページ 270  
ISSN
09117210  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The viola da gamba was a popular musical instrument in Europe between the sixteenth and eighteenth centuries. There were numerous types and sizes of the instrument, all affectionately played and enjoyed particularly by non-professionals like the aristocrats and bourgeois. The popularity of the viols,  however, sharply declined towards the eighteenth century, especially at the dawn of the French Revolution.
 The revival of the viola da gamba became one of the essential elements in the Early Music movements of the early twentieth century. Many string  instrument builders began attempting to manufacture viols, especially after the Second World War. By then, however, the tradition of the viola da gamba building had been entirely disappeared. The modern viola da gamba builders first imitated and adopted the technique used by the violin building. They eventually learned that the viol making is an entirely different matter from building violins or cellos. Today, various and numerous pieces of information on historical instrument making became available, and the viola da gamba builders of the twenty-first century finally began producing a true (truer) copy of the viols.
 At the same time, however, the modern viol builders now face another problem. The builders of the historical instruments today need to re-evaluate the aim and purpose of the viol making. Should they keep searching the true essence of the viol making of the past, or should they regard the viola da gamba as an instrument of the modern times as well as an artistic output of modern instrument builders? To find an answer to this question, this article looks at the history of the modern viol making and compares the modern Early Music instrument building with the modern Early Musi performances.
 
目次
1. 今日のヴィオラ・ダ・ガンバと本稿の目的
2. 20世紀初期から1970年代以前におけるヴィオラ・ダ・ガンバ
3. 1970年代におけるヴィオラ・ダ・ガンバの製作状況
4. 1980年代,過去に存在した楽器製作方法の再発見とその実践
 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 13, 2010 09:00:00  
作成日
Jul 13, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 日吉紀要 / 人文科学 / 25 (2010)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (462) 1st
2位 新自由主義に抗す... (412)
3位 実践的推論の合理... (365)
4位 ドイツのSNS対策... (338)
5位 攻撃衝動の体系的... (334)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (1419) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (844)
3位 独ソ不可侵条約と... (646)
4位 ドイツのSNS対策... (598)
5位 アセトアニリドの... (470)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース