慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN10032394-20071220-0025  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
PDF¥AN10032394-20071220-0025.pdf
Type :application/pdf Download
Size :206.6 KB
Last updated :Jun 4, 2008
Downloads : 2501

Total downloads since Jun 4, 2008 : 2501
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル A derivational approach to dake : a preliminary sketch of association with focus  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前 「だけ」に対する派生的アプローチ : 焦点連結現象の予備的素描  
カナ 「ダケ」 ニ タイスル ハセイテキ アプローチ : ショウテン レンケツ ゲンショウ ノ ヨビテキ ソビョウ  
ローマ字 "Dake" ni taisuru haseiteki apurochi : shoten renketsu gensho no yobiteki sobyo  
著者
名前 星, 浩司  
カナ ホシ, コウジ  
ローマ字 Hoshi, Koji  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 三好, 暢博  
カナ ミヨシ, ノブヒロ  
ローマ字 Miyoshi, Nobuhiro  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
横浜  
出版者
名前 慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ヒヨシ キヨウ カンコウ イインカイ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku hiyoshi kiyo kanko iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2007  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶應義塾大学日吉紀要. 言語・文化・コミュニケーション  
翻訳 Language, culture and communication  
 
39  
2007  
 
開始ページ 25  
終了ページ 48  
ISSN
09117229  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The single cycle model set forth in the recent minimalist program implies elimination of the LF cycle, thus phenomena originally handled within the LF component have now become a "touchstone" for evaluating the model. This paper claims that association with focus involving the focus particle dake 'only' in Japanese, which has been assumed to involve LF-movement, can be best captured solely within the overt component. More specifically, it proposes that the sentence with dake involves the following two overt derivational stages: (i) the stage where Merge establishes association between dake 'only' and its focus associate; (ii) the stage at which the scope of the constituent created by Merge in (i) is determined by overt movement. It further demonstrates not only that the proposed analysis provides a natural account for relevant syntactic properties of the phenomenon at hand, but also that in light of novel facts concerning idiom interpretations, LFmovement
operations assumed in previous studies do not in fact exist. To the extent that the present analysis is on the right track, it will provide further support for the basic tenet of the minimalist program that the computational system CHL is designed to carry out efficient computation in narrow syntax.
 
目次

 
キーワード
a derivational approach  

association with focus  

dake 'only'  

the single cycle model  
NDC
 
注記

 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 01, 2009 17:27:19  
作成日
Jun 04, 2008 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 1, 2009    フリーキーワード, 翻訳, 抄録, キーワード を変更
 
インデックス
/ Public / 日吉紀要 / 言語・文化・コミュニケーション / 39 (2007)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1690) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (433)
3位 石垣島の「エコツ... (406)
4位 新自由主義に抗す... (373)
5位 In-vivo kinemati... (267)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1057) 1st
2位 インフルエンサー... (492)
3位 酢酸エステル類の... (481)
4位 刑法における因果... (420)
5位 興味が引き起こさ... (406)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース