慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN10030060-20170331-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN10030060-20170331-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :3.3 MB
Last updated :Apr 21, 2017
Downloads : 1442

Total downloads since Apr 21, 2017 : 1442
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 風刺としての資本主義批判 : 『ここは戦場だ』と『自由を我等に』  
カナ フウシ トシテ ノ シホン シュギ ヒハン : 『ココ ワ センジョウ ダ』 ト 『ジユウ オ ワレラ ニ』  
ローマ字 Fushi toshite no shihon shugi hihan : "Koko wa senjo da" to "Jiyu o warera ni"  
別タイトル
名前 Satire or critique of capitalism : It's a Battlefield and À nous la liberté  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 佐藤, 元状  
カナ サトウ, モトノリ  
ローマ字 Sato, Motonori  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
横浜  
出版者
名前 慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ヒヨシ キヨウ カンコウ イインカイ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku Hiyoshi kiyo kanko iinkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶應義塾大学日吉紀要. 英語英米文学  
翻訳 The Hiyoshi review of English studies  
 
69  
2017  
3  
開始ページ 1  
終了ページ 47  
ISSN
09117180  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The purpose of this essay is to reconsider Graham Greene's novel It's a Battlefield (1934) in terms of its relationship to modernism, cinema and politics. On the one hand, I shall compare Greene's novel with Joseph Conrad's The Secret Agent (1907), an early modernist novel whose settings, characters and narrative structure Greene unashamedly borrowed for a construction of his late modernist novel. What these two writers share is the cinematic writing style, a fundamentally literary technique enabled by the use of so-called free indirect style. What distinguishes them from each other, however, is the difference of the media situations they were in. What makes Greene's novel truly cinematic is not only the use of free indirect style, but also the refreshing cinematic sensitivity to sights and sounds, a product of the talkie revolution spreading globally in the late 1920s. In order to make the point that Greene's novel is deeply cinematic, I shall compare Greene's It's a Battlefield with Rene Clair's À nous la liberté (1931), a talkie film whose ideas of the similarity of prison and factory Greene borrowed for the beginning sections of his novel. Greene's subtle appropriation of Clair's cinematic ideas makes him a fully-fledged satirist of the capitalist regime as well as a cinematic modern writer.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 21, 2017 09:13:37  
作成日
Apr 21, 2017 09:13:37  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 日吉紀要 / 英語英米文学 / 69 (2017)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (478) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (452)
3位 ドイツのSNS対策... (423)
4位 慶應義塾大学薬学... (400)
5位 新自由主義に抗す... (389)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (802) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (633)
3位 ドイツのSNS対策... (580)
4位 インフルエンサー... (465)
5位 アセトアニリドの... (454)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース