慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234698-20211200-0063  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234698-20211200-0063.pdf
Type :application/pdf Download
Size :2.2 MB
Last updated :Jun 7, 2022
Downloads : 359

Total downloads since Jun 7, 2022 : 359
 
本文公開日
2022-12-25  
タイトル
タイトル 「組織文化」再論  
カナ 「ソシキ ブンカ」サイロン  
ローマ字 "Soshiki bunka" sairon  
別タイトル
名前 Rethinking organizational culture  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 佐藤, 和  
カナ サトウ, ヤマト  
ローマ字 Sato, Yamato  
所属 慶應義塾大学商学部  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学出版会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク シュッパンカイ  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku shuppankai  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田商学研究  
翻訳 Mita business review  
64  
5  
2021  
12  
開始ページ 63  
終了ページ 87  
ISSN
0544571X  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本稿は,「組織文化」を現代的な経営学の枠組みの中で改めて位置づけ,論じることを通じて,その役割と重要性について述べようとするものである。まず組織文化を「あるグループのメンバーに共有された基本的価値観と,そこから生じる行動パターンのことである」と定義する。そして組織文化を分析するアプローチについて紹介し,まずはミクロな視点からの内部統合機能について述べ,組織文化がメンバーの帰属意識を高め,またコミュニケーションを助けることにより,その組織行動を特徴付けていることを明らかにした。そしてマクロな視点から外部適応機能について述べ,経営戦略や企業経営における様々な要因との関係を考えた。組織文化は環境を見る認知枠組みとして戦略を方向付けるとともに,戦略の遂行においても大きな役割を果たしている。さらに学習によって強くなる組織文化は,成熟期に入ると逆機能を果たすようになり,経営者による変革や,組織文化自体の革新性が求められるのである。
This paper defines organizational culture as "basic values shared by members of a group and the behavioral patterns that arise from them." Then, the auther introduces an approach to analyze organizational culture, first describes the internal integration function from a microscopic perspective, and states that organizational culture characterizes its organizational behavior by raising the sense of belonging of members and assisting communication. Then, he described the external adaptation function from a macro perspective and considered the relationship with various factors in management strategy and corporate management. Organizational culture directs strategies as a cognitive framework for looking at the environment and plays a major role in the execution of strategies. Furthermore, the organizational culture that is strengthened by learning will perform the dysfunction when it enters the maturity period, and it is required that the organizational change by management and the organizational culture itself be innovative.
 
目次

 
キーワード
組織文化  

企業文化  

内部統合機能  

外部適応機能  

逆機能  

成熟期  

革新性  
NDC
 
注記
論文
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jun 07, 2022 13:44:38  
作成日
Jun 07, 2022 13:44:38  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jun 7, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 商学部 / 三田商学研究 / 64 (2021) / 64(5) 202112
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (488) 1st
2位 斎藤隆夫の「粛軍... (419)
3位 慶應義塾図書館史... (414)
4位 認知文法から考え... (395)
5位 M&Aにおける... (383)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A study on the s... (393) 1st
2位 新参ファンと古参... (321)
3位 日本における美容... (303)
4位 興味が引き起こさ... (252)
5位 新自由主義に抗す... (250)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース