慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234698-20211200-0035  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234698-20211200-0035.pdf
Type :application/pdf Download
Size :2.7 MB
Last updated :Jun 7, 2022
Downloads : 257

Total downloads since Jun 7, 2022 : 257
 
本文公開日
2022-12-25  
タイトル
タイトル ポートフォリオ理論の再検討  
カナ ポートフォリオ リロン ノ サイケントウ  
ローマ字 Pōtoforio riron no saikentō  
別タイトル
名前 Reexamination of the modern portfolio theory  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 辻, 幸民  
カナ ツジ, ユキタミ  
ローマ字 Tsuji, Yukitami  
所属 慶應義塾大学商学部  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学出版会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク シュッパンカイ  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku shuppankai  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田商学研究  
翻訳 Mita business review  
64  
5  
2021  
12  
開始ページ 35  
終了ページ 62  
ISSN
0544571X  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本稿ではシミュレーションを通じてポートフォリオ理論を再検討したい。ここのシミュレーションとは,ポートフォリオを構成する銘柄を無作為抽出し,その銘柄の実際の収益率データを用いてポートフォリオのパフォーマンスを計算する。全部で70万回を超えるポートフォリオを構築し,ポートフォリオのリスクの意味およびポートフォリオの事後的パフォーマンスについて検討する。リスクの意味とは,分散化によるポートフォリオのリスク削減には一定の限界があると言われているが,この意味について考察したい。またポートフォリオの事後的パフォーマンスとは,理論的には有効フロンティア上の接点ポートフォリオが最適なはずであるが,そのポートフォリオが事後的にも最善かどうかを検討する。特にポートフォリオの構成比率に非負制約を設定するか否かで,どのような差異があるのかに注目する。「非負制約あり」の場合は「非負制約なし」に比べ確実に有効性で劣っている。しかし事後的パフォーマンスという観点では,「非負制約あり」の接点ポートフォリオは「非負制約なし」のそれを凌駕する。さらに,より高い事後的パフォーマンスを発揮するのが等ウエイトのポートフォリオで,その勝敗は圧倒的優位と言えるぐらいの驚くべき結果をシミュレーションは教えてくれる。
This paper reviews the modern portfolio theory through simulation where listed stocks are chosen at random as components and portfolio returns are computed from their monthly return data. Constructing hundreds of thousands of portfolios, we examine their properties of risk and performance. It is often said that diversification decreases in portfolio risk. In this paper, when the number of firms whose stocks compose a portfolio is increased, the portfolio is defined to be more diversified. No matter how many stocks a portfolio has, the risk decreases no longer. We investigate the limitation on diversification as the property of portfolio risk. By the way, the modern portfolio theory proves that the tangent portfolio on the efficient frontier is optimal in terms of the expected utility hypothesis. Portfolio performance in this paper tests whether the optimal portfolio is also the best ex post. We focus on with- or without-nonnegative constraints of portfolio components. On the theory, a portfolio with the nonnegative constraints is less efficient than without the constraints. The former is ex ante inferior to the latter. However, the former often dominates the latter in terms of ex post performance, which measures how much the portfolio earns after it is constructed. It is surprising that an equal-wight portfolio obtains the highest return in our simulation results.
 
目次

 
キーワード
ポートフォリオ理論  

有効フロンティア  

分散化リスク  

事後的パフォーマンス  
NDC
 
注記
論文
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jun 07, 2022 13:44:38  
作成日
Jun 07, 2022 13:44:38  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jun 7, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 商学部 / 三田商学研究 / 64 (2021) / 64(5) 202112
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1690) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (433)
3位 石垣島の「エコツ... (406)
4位 新自由主義に抗す... (373)
5位 In-vivo kinemati... (267)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1057) 1st
2位 インフルエンサー... (492)
3位 酢酸エステル類の... (481)
4位 刑法における因果... (420)
5位 興味が引き起こさ... (406)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース