慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234698-20211000-0077  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234698-20211000-0077.pdf
Type :application/pdf Download
Size :2.1 MB
Last updated :Jun 7, 2022
Downloads : 220

Total downloads since Jun 7, 2022 : 220
 
本文公開日
2022-10-25  
タイトル
タイトル マーシャルの進化経済学にかんする理解 : 人間研究が重要な意味をもつ  
カナ マーシャル ノ シンカ ケイザイガク ニ カンスル リカイ : ニンゲン ケンキュウ ガ ジュウヨウナ イミ オ モツ  
ローマ字 Māsharu no shinka keizaigaku ni kansuru rikai : ningen kenkyū ga jūyōna imi o motsu  
別タイトル
名前 Understanding Marshall's evolutionary economics : the study of humans matters  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 谷口, 和弘  
カナ タニグチ, カズヒロ  
ローマ字 Taniguchi, Kazuhiro  
所属 慶應義塾大学商学部  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 Labib, Ashraf  
カナ ラビブ, アシュラフ  
ローマ字  
所属 ポーツマス大学企業法学部  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学出版会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク シュッパンカイ  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku shuppankai  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田商学研究  
翻訳 Mita business review  
64  
4  
2021  
10  
開始ページ 77  
終了ページ 90  
ISSN
0544571X  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
われわれは,ミクロ・レベルでの人間進歩とマクロ・レベルでの経済進歩とを結びつけたアルフレッド・マーシャル (Alfred Marshall) の進化経済学について検討を加える。マーシャルは,人間の性格の変化と福祉の向上による貧困問題の解決との関係性にかんするミクロ・マクロ連環に焦点をあてた。われわれの見解では,マーシャルは,このミクロ・マクロ連環の理解に向けて生物学的アナロジーを援用することにより,有機的成長という概念を軸に不可逆的な歴史的時間におけるケイパビリティ進化を理解するための人間と環境の共進化論として進化経済学を展開しようと試みたものの,それは未完に終わった。われわれは,ケイパビリティ進化にかんする人間研究をめざしたマーシャルの未完の進化経済学を,彼のビジョン,主題,方法論の観点から検討する。
We examine Alfred Marshall's evolutionary economics that connects human progress at the micro level with economic progress at the macro level. Marshall sheds light on the relationship between change of human character and the resolution of issues of poverty through the enhancement of well-being. In our view, to gain an understanding of capability evolution around the concept of organic growth, he attempts to develop an evolutionary economics as a theory of the coevolution of humans and environments by applying biological analogies to understanding the micro-macro link, although his attempts remain unfulfilled. We would like to examine Marshall's evolutionary economics, which needs to be developed as the study of man regarding capability evolution, in terms of his vision, theme, and methodology.
 
目次

 
キーワード
進化経済学  

有機的成長  

ミクロ・マクロ連環  

現実主義  

功利主義  
NDC
 
注記
論文
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jun 07, 2022 14:55:10  
作成日
Jan 14, 2022 11:14:43  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jan 14, 2022    インデックス を変更
Jun 7, 2022    本文,本文公開日,著者 著者ID,著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク,抄録 内容,著者版フラグ 著者版フラグ を変更
 
インデックス
/ Public / 商学部 / 三田商学研究 / 64 (2021) / 64(4) 202110
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 731部隊と細菌戦 ... (396) 1st
2位 Spatial animacy ... (375)
3位 文化資本概念の現... (374)
4位 新自由主義に抗す... (327)
5位 ガールクラッシュ... (303)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (707) 1st
2位 酢酸エステル類の... (672)
3位 インフルエンサー... (548)
4位 外国判決の承認に... (493)
5位 診療上の医師の注... (470)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース