慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234698-20150600-0155  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234698-20150600-0155.pdf
Type :application/pdf Download
Size :10.6 MB
Last updated :Feb 28, 2018
Downloads : 563

Total downloads since Feb 28, 2018 : 563
 
タイトル
タイトル デュアル・チャネルの選択に関する予備的検討  
カナ デュアル・チャネル ノ センタク ニ カンスル ヨビテキ ケントウ  
ローマ字 Dyuaru chaneru no sentaku ni kansuru yobiteki kento  
別タイトル
名前 A preliminary study on dual distribution channels  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 髙田, 英亮  
カナ タカタ, ヒデスケ  
ローマ字 Takata, Hidesuke  
所属 慶應義塾大学商学部  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学出版会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク シュッパンカイ  
ローマ字 Keio gijuku daigaku shuppankai  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田商学研究  
翻訳 Mita business review  
58  
2  
2015  
6  
開始ページ 155  
終了ページ 168  
ISSN
0544571X  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本稿は, 製造業者が独立チャネルと統合チャネルの双方を用いて製品を販売するというデュアル・チャネルの選択に関して, 実証分析を行う前段階としての予備的検討を試みる。具体的には, まず, 取引費用理論を用いたデュアル・チャネル選択研究に着目し, そのレビューを行う。次に, そのうち, Mols(2000)の研究に注目し, そこで提示されている11の仮説をそれらと関連する理論・研究を踏まえて検討する。最後に, 結論として, それら11の仮説を理論的に異なる4つのグループに区分する。
 
目次

 
キーワード
デュアル・チャネル  

取引費用  

ケイパビリティ  

環境  
NDC
 
注記
渡部直樹教授退任記念号#論文
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Feb 28, 2018 13:58:35  
作成日
Aug 19, 2016 16:43:54  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Feb 20, 2018    著者 を変更
Feb 28, 2018    著者 を変更
 
インデックス
/ Public / 商学部 / 三田商学研究 / 58 (2015) / 58(2) 201506
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 宋元刊両唐書およ... (1133) 1st
2位 戦争と友愛のはざ... (425)
3位 ジャニーズのアイ... (348)
4位 731部隊による細... (258)
5位 新自由主義に抗す... (232)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 宋元刊両唐書およ... (2494) 1st
2位 アセトアニリドの... (1258)
3位 ジャニーズのアイ... (675)
4位 Instagram解析に... (477)
5位 新参ファンと古参... (435)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース