慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

Home  »»  Listing item  »»  Detail

Detail

Item Type Article
ID
AN00234698-20071200-0067  
Preview
Image
thumbnail  
Caption  
Full text
AN00234698-20071200-0067.pdf
Type :application/pdf Download
Size :904.7 KB
Last updated :Sep 1, 2008
Downloads : 6227

Total downloads since Sep 1, 2008 : 6227
 
Release Date
 
Title
Title 日本のFTA/EPAの経済効果 : 現時点での事後評価  
Kana ニホン ノ FTA/EPA ノ ケイザイ コウカ : ゲンジテン デノ ジゴ ヒョウカ  
Romanization Nihon no FTA/EPA no keizai koka : genjiten deno jigo hyoka  
Other Title
Title Impacts of Japanese FTA/EPAs : preliminary post evaluation  
Kana  
Romanization  
Creator
Name 安藤, 光代  
Kana アンドウ, ミツヨ  
Romanization Ando, Mitsuyo  
Affiliation 慶應義塾大学商学部  
Affiliation (Translated)  
Role  
Link  
Edition
 
Place
東京  
Publisher
Name 慶應義塾大学出版会  
Kana ケイオウ ギジュク ダイガク シュッパンカイ  
Romanization Keio gijuku daigaku shuppankai  
Date
Issued (from:yyyy) 2007  
Issued (to:yyyy)  
Created (yyyy-mm-dd)  
Updated (yyyy-mm-dd)  
Captured (yyyy-mm-dd)  
Physical description
 
Source Title
Name 三田商学研究  
Name (Translated) Mita business review  
Volume 50  
Issue 5  
Year 2007  
Month 12  
Start page 67  
End page 84  
ISSN
0544571X  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII Article ID
 
Ichushi ID
 
Other ID
 
Doctoral dissertation
Dissertation Number  
Date of granted  
Degree name  
Degree grantor  
Abstract
近年急増する自由貿易協定(FTA)の経済効果については,日本のFTA を含め,従来からCGE モデルシミュレーション分析等による事前評価が数多くなされてきた。しかし,ここ数年のFTA 締結に向けた日本の積極的な動きを鑑みれば,既存のFTA の経済効果を事後的に把握し,将来のFTA 締結への政策的含意を得ることが重要である。本論文では,日本の経済連携協定(EPA)の経済効果について,初期段階の効果ではあるものの,実質的な関税削減効果の詳細な分析やグラビティ・モデル推計などを通じて事後的に評価し,今後のFTA/EPA の設計における政策的含意を議論した。
  日星EPA については,遅ればせながらFTA の波に乗る第一歩を踏み出したという意味で一定の存在意義があっただろうが,実質的な関税削減は少なく,直接的な貿易自由化の効果はかなり限定的である。一方,日本にとって初めて農業分野での実質的な貿易自由化を伴った日墨EPAについては,輸出や投資の面で一定の効果が認められるが,現時点で直接的な貿易自由化の効果が顕著なのは完成車の輸出においてである。また,EPA によって設置されたビジネス環境整備委員会での二国間協議を通じたメキシコのビジネス環境の改善やメキシコの政府調達における日本企業の参加など,貿易自由化以外の面でも一定の効果が認められる。
  今後の日本のFTA の設計において,特にMFN 関税の高い国との協定では,EPA 関税とMFN関税の逆転など段階的な関税削減の弊害を考慮すべきである。また,MFN 関税と同様,農業分野の一部の品目を中心に複雑な関税体系が採用される傾向にあるが,よりシンプルでかつ自由化水準の高いEPA が望ましい。そして,とりわけ日本企業の進出が盛んな国との協定では,日墨EPA でのビジネス環境整備委員会のようなチャンネルを活用し,貿易自由化以外の側面も柔軟に盛り込んでいくべきである。
 
Table of contents

 
Keyword
FTA の経済効果  

事後評価  

日星EPA  

日墨EPA  

貿易自由化  

地域主義  

農業保護  

グラビティ・モデル  

関税の逆転現象  
NDC
 
Note
商学部創立50周年記念 = Commemorating the fiftieth anniversary of the faculty
50周年記念論文
 
Language
日本語  
Type of resource
text  
Genre
Journal Article  
Text version
publisher  
131.113.194.249
Access conditions

 
Last modified date
Sep 01, 2008 09:00:00  
Creation date
Sep 01, 2008 09:00:00  
Registerd by
mediacenter
 
History
 
Index
/ Public / Faculty of Business and Commerce / Mita business review / 50 (2007) / 50(5) 200712
 
Related to