慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234610-20220101-0023  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234610-20220101-0023.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.0 MB
Last updated :Apr 11, 2022
Downloads : 255

Total downloads since Apr 11, 2022 : 255
 
本文公開日
2023-01-01  
タイトル
タイトル 脱炭素政策と環境実証  
カナ ダツタンソ セイサク ト カンキョウ ジッショウ  
ローマ字 Datsutanso seisaku to kankyō jisshō  
別タイトル
名前 Decarbonizing energy sector : perspectives from empirical environmental economies  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 小西, 祥文  
カナ コニシ, ヨシフミ  
ローマ字 Konishi, Yoshifumi  
所属 慶應義塾大学経済学部  
所属(翻訳) Faculty of Economics, Keio University  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾経済学会  
カナ ケイオウ ギジュク ケイザイ ガッカイ  
ローマ字 Keiō gijuku keizai gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2022  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田学会雑誌  
翻訳 Mita journal of economics  
114  
4  
2022  
1  
開始ページ 355 (23)  
終了ページ 380 (48)  
ISSN
00266760  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
10.14991/001.20220101-0023
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本稿は,電力部門の脱炭素化に関する海外の先端的な実証研究を(選択的に)紹介することで,日本の脱炭素政策および同分野における環境実証研究への三つの視座を提示する。第一に,再生可能エネルギーの脱炭素効果および経済価値は極めて重要な時間的・空間的異質性を持つため,その異質性に応じた価値付与(プライシング)の仕組みが必要である。第二に,送電制約や伝統的な電力規制は,再生可能エネルギーを経済価値に応じて最適に利用するための障害となってしまうため,そのような技術的・制度的な制約を実証的に正しく評価し,解消するための取り組みが必要である。第三に,需給逼迫時や大規模な自然災害に柔軟かつ安全に対応するための市場の仕組みやその実証的評価に関する研究が決定的に不足しており,理論・実証両面での経済学的知見の拡充が望まれる。
This paper offers three new perspectives on Japan’s decarbonization policies by selectively reviewing the recent empirical environmental economics literature on the decarbonization of the electricity sector. First, the CO2-reduction impact (hence, their economic value) of renewable energy (such as solar and wind) has highly important temporal and spatial heterogeneity. Thus, we need some innovative policy instrument to incorporate such heterogeneity into carbon pricing. Second, transmission constraints and conventional electricity market regulations may pose significant obstacles to the optimal use of renewable energy in accordance to their economic value. Thus, we need credible empirical research more that can rigorously evaluate, and offer economically viable solutions for, such technological and institutional constraints. Third, there is a clear shortage of research, both theoretical and empirical, on the design of electricity markets (such as capacity markets) that would ensure flexible and reliable electricity supply in the event of demand-supply imbalance and (unpredictable) natural disasters.
 
目次

 
キーワード
脱炭素  

環境実証  

再生可能エネルギー  

異質性  

送電制約  

decarbonization policy  

empirical environmental economics  

renewables  

heterogeneity  

transmission constraints  
NDC
 
注記
経済学会シンポジウム : 経済学の新たな挑戦
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 11, 2022 11:19:34  
作成日
Apr 11, 2022 11:19:34  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Apr 11, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 経済学部 / 三田学会雑誌 / 114 (2021) / 114(4) 202201
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 慶應義塾大学日吉... (900) 1st
2位 「危険の予見可能... (522)
3位 新自由主義に抗す... (413)
4位 731部隊と細菌戦 ... (412)
5位 ガールクラッシュ... (364)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (944) 1st
2位 渋沢栄一と朝鮮 :... (811)
3位 731部隊と細菌戦 ... (764)
4位 酢酸エステル類の... (698)
5位 慶應義塾大学日吉... (597)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース