慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234610-20180401-0017  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234610-20180401-0017.pdf
Type :application/pdf Download
Size :2.0 MB
Last updated :Nov 15, 2021
Downloads : 1491

Total downloads since Nov 15, 2021 : 1491
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 19世紀半ばにおけるインドネシア・北スラウェシの社会変容 : コーヒー生産の展開と貨幣経済の深化  
カナ 19セイキ ナカバ ニ オケル インドネシア・キタスラウェシ ノ シャカイ ヘンヨウ : コーヒー セイサン ノ テンカイ ト カヘイ ケイザイ ノ シンカ  
ローマ字 19seiki nakaba ni okeru Indoneshia Kitasuraweshi no shakai henyō : kōhī seisan no tenkai to kahei keizai no shinka  
別タイトル
名前 The social transformation of North Sulawesi in the mid-nineteenth century : development of coffee cultivation and penetration of the monetized economy  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 太田, 淳  
カナ オオタ, アツシ  
ローマ字 Ota, Atsushi  
所属 慶應義塾大学経済学部  
所属(翻訳) Faculty of Economics, Keio University  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾経済学会  
カナ ケイオウ ギジュク ケイザイ ガッカイ  
ローマ字 Keiō gijuku keizai gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2018  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田学会雑誌  
翻訳 Mita journal of economics  
111  
1  
2018  
4  
開始ページ 17  
終了ページ 50  
ISSN
00266760  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
10.14991/001.20180401-0017
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本稿は, インドネシア・北スラウェシ地方で1850–60年代に行われたコーヒー「自主栽培」の展開と, それに伴う社会変容を検討する。オランダ植民地政庁は1850年頃から, 農民が栽培方法を自分で選択できる「自主栽培」を推奨した。すると多くの農民は, それまで政庁が強制していた村外の大規模農園における重労働で利益の少ない栽培をやめ, 既存の農地をコーヒー栽培に転換して利益を確保した。中には生産地から港まで収穫物を輸送することに特化する農民も現れ, 海岸部で輸送料をもとに得た商品を生産地に運んで販売した。一方, 政庁の命令に従わず, さらなる利益を求めてコプラ採取用のココヤシ栽培に転換する者も現れた。つまりコーヒー栽培は, 人々を市場志向化し, 貨幣経済が地域社会にいっそう浸透する契機をもたらした。
This article examines social transformation in North Sulawesi, Netherlands East Indies, in the 1850s and the 1860s, resulting from the development of coffee cultivation. From around 1850, the colonial government promoted "free cultivation" of coffee, in which cultivators were allowed to produce the product in whatever manner they liked. Accordingly, many culti-vators stopped the laborious and unprofitable cultivation of large-scale gardens far from their villages, the manner that the government had imposed. Instead they transformed their existing arable lands into small-scale coffee gardens, as they profited more in this way. Some individuals specialized in the transportation of the harvest from the producing-areas to coastal ports, and carried commodities, which they bought with the transportation fee, from the ports back to their villages for resale. Others shifted from coffee to coconut cultivation for copra production, in order to pursue higher profits, in defiance of the government instruction. Coffee cultivation thus made cultivators market-oriented and helped the expanding monetized economy further penetrate the local society of North Sulawesi.
 
目次

 
キーワード
ミナハサ  

コーヒー生産  

貨幣経済  

社会変容  

植民地経済  

Minahasa  

coffee production  

monetized economy  

social transformation  

colonial economy  
NDC
 
注記
経済学会シンポジウム : 新しい経済学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 15, 2021 15:02:28  
作成日
Jul 24, 2018 10:57:39  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 24, 2018    インデックス を変更
Apr 2, 2019    本文,抄録 内容 を変更
Oct 27, 2021    JaLCDOI を変更
Nov 15, 2021    出版者 ローマ字 を変更
 
インデックス
/ Public / 経済学部 / 三田学会雑誌 / 111 (2018) / 111(1) 201804
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (490) 1st
2位 慶應義塾図書館史... (401)
3位 斎藤隆夫の「粛軍... (394)
4位 認知文法から考え... (379)
5位 M&Aにおける... (372)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 A study on the s... (398) 1st
2位 新参ファンと古参... (323)
3位 日本における美容... (281)
4位 新自由主義に抗す... (238)
5位 重陽の詩歌 : 詩... (232)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース