慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234610-20170101-0021  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234610-20170101-0021.pdf
Type :application/pdf Download
Size :490.5 KB
Last updated :Jan 9, 2018
Downloads : 505

Total downloads since Jan 9, 2018 : 505
 
タイトル
タイトル 無条件の愛と道徳的な徳に基づく規範行動経済学  
カナ ムジョウケン ノ アイ ト ドウトクテキナ トク ニ モトズク キハン コウドウ ケイザイガク  
ローマ字 Mujoken no ai to dotokutekina toku ni motozuku kihan kodo keizaigaku  
別タイトル
名前 Normative behavioural economics based on unconditional love and moral virtue  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 Bhatt, Vipul  
カナ バット, ヴィプル  
ローマ字  
所属 Department of Economics, James Madison University  
所属(翻訳) ジェームズ・マディソン大学経済学部  
役割  
外部リンク  

名前 大垣, 昌夫  
カナ オオガキ, マサオ  
ローマ字 Ogaki, Masao  
所属 慶應義塾大学経済学部  
所属(翻訳) Faculty of Economics, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 矢口, 裕一  
カナ ヤグチ, ユウイチ  
ローマ字 Yaguchi, Yuichi  
所属 中央大学大学院経済学研究科  
所属(翻訳) Graduate School of Economics, Chuo University  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾経済学会  
カナ ケイオウ ギジュク ケイザイ ガッカイ  
ローマ字 Keio gijuku keizai gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2017  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田学会雑誌  
翻訳 Mita journal of economics  
109  
4  
2017  
1  
開始ページ 575(21)  
終了ページ 600(46)  
ISSN
00266760  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
行動経済学の多くのモデルが抱える重要な困難は選好が内生的で不安定なことである。その結果, 選好は社会状態を評価するための最も望ましい基準を提供しえない恐れがある。この論文は無条件の愛をそうした基準の候補として提案する。無条件の愛という概念は, 高尚なものであるが, 多くの場合, 実践的な政策の提言のために適用することは難しい。私たちは, 無条件に愛することを学習することが望ましく, そうした学習を促進する政策を善いとする, 中間的な学習段階を提案する。私たちは内生的利他主義モデルでこの原理の実用例を示す。
An important difficulty in many models of behavioural economics is that preferences are endogenous and unstable. Therefore, preferences may not provide the most desirable yardstick to evaluate social states. This paper proposes unconditional love as a candidate for such a yardstick. The concept of unconditional love, although lofty, is often hard to apply for practical policy recommendations. We propose an intermediary learning stage, where learning to unconditionally love is desirable, and policies that promote such learning are deemed to be good. We illustrate the use of this principle in models of endogenous altruism.
 
目次

 
キーワード
無条件の愛  

徳  

内生的選好  

学習  

利他性  

unconditional love  

virtue  

endogenous preferences  

learning  

altruism  
NDC
 
注記
特集 : 伝統的・非伝統的な観点からの規範経済学
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jan 09, 2018 10:08:55  
作成日
Apr 03, 2017 16:49:13  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jan 9, 2018    フリーキーワード, 抄録, 版, 本文 を変更
 
インデックス
/ Public / 経済学部 / 三田学会雑誌 / 109 (2016) / 109(4) 201701
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 サイバーセキュリ... (591) 1st
2位 ダイナミック・ケ... (281)
3位 新自由主義に抗す... (259)
4位 大学生の生活スト... (181)
5位 731部隊による細... (141)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 クラウドストレー... (5978) 1st
2位 アセトアニリドの... (756)
3位 ルミノールとルシ... (616)
4位 日本におけるクラ... (609)
5位 ジャニーズのアイ... (444)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース