慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234610-20150101-0013  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234610-20150101-0013.pdf
Type :application/pdf Download
Size :547.8 KB
Last updated :Oct 28, 2021
Downloads : 1295

Total downloads since Oct 28, 2021 : 1295
 
タイトル
タイトル 財政学における「公」と「私」について考える  
カナ ザイセイガク ニ オケル 「コウ」 ト 「シ」 ニ ツイテ カンガエル  
ローマ字 Zaiseigaku ni okeru 'ko' to 'shi' ni tsuite kangaeru  
別タイトル
名前 Public and private in the theory of public finance  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 井手, 英策  
カナ イデ, エイサク  
ローマ字 Ide, Eisaku  
所属 慶應義塾大学経済学部教授  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾経済学会  
カナ ケイオウ ギジュク ケイザイ ガッカイ  
ローマ字 Keio gijuku keizai gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2015  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田学会雑誌  
翻訳 Mita journal of economics  
107  
4  
2015  
1  
開始ページ 557(13)  
終了ページ 570(26)  
ISSN
00266760  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
10.14991/001.20150101-0013
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
公と私の境界線はもっとも重要な理論的課題でありながら, 伝統的な財政学においては, 十分にこの問題に光が当てられてこなかった。本稿では, 公と私の境界線が歴史とともに揺らいできた事実を確認したうえで, 近代化の過程に観察される政府や議会制度の発展, 互酬と再分配の形骸化, 家族の規範化と公共家族の誕生といった歴史的な変化に光を当てながら, これらの変化がどのように財政の生成・発展と結びつき, 公と私の領域のゆらぎを生み出してきたのかを考察する。
 
目次

 
キーワード
公と私  

社会統合  

近代  

互酬と再分配  

公共家族  
NDC
 
注記
特集 : 財政学の批判的検討
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 28, 2021 11:13:52  
作成日
Apr 08, 2015 09:34:08  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jan 6, 2016    Modified; Free Keywords, Edition, Document File.
Oct 28, 2021    JaLCDOI を変更
 
インデックス
/ Public / 経済学部 / 三田学会雑誌 / 107 (2014) / 107(4) 201501
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ドイツのSNS対策... (639) 1st
2位 ネットワークにつ... (537)
3位 アイドル文化にお... (501)
4位 組織市民行動が成... (464)
5位 もしも世界がみん... (359)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1083) 1st
2位 Instagram解析に... (446)
3位 家族主義と個人主... (415)
4位 インフルエンサー... (405)
5位 ドイツのSNS対策... (392)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース