慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234610-20111001-0035  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234610-20111001-0035.pdf
Type :application/pdf Download
Size :873.6 KB
Last updated :Nov 2, 2021
Downloads : 2265

Total downloads since Nov 2, 2021 : 2265
 
タイトル
タイトル 旧陸軍士官予備校成城学校と19世紀末の韓国人留学生 : 「朝鮮の渋沢栄一」韓相龍を中心に  
カナ キュウリクグン シカン ヨビコウ セイジョウ ガッコウ ト 19セイキマツ ノ カンコクジン リュウガクセイ : 「チョウセン ノ シブサワ エイイチ」 カン ソウリュウ オ チュウシン ニ  
ローマ字 Kyurikugun shikan yobiko Seijo gakko to 19seikimatsu no Kankokujin ryugakusei : "Chosen no Shibusawa Eiichi" Kan Soryu o chushin ni  
別タイトル
名前 Seijogakko as a preparatory school for the Japan military academy and Korean students in the late 19th century : focused on Sangyong Han "Shibusawa Eiichi of Chosen"  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 金, 明洙  
カナ キム, ミョンス  
ローマ字 Kim, Myungsoo  
所属 慶應義塾大学経済学部助教  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾経済学会  
カナ ケイオウ ギジュク ケイザイ ガッカイ  
ローマ字 Keio gijuku keizai gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2011  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田学会雑誌  
翻訳 Keio journal of economics  
104  
3  
2011  
10  
開始ページ 387(35)  
終了ページ 409(57)  
ISSN
00266760  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
10.14991/001.20111001-0035
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
本論文では「朝鮮の渋沢栄一」韓相龍の日本留学先にあたる旧陸軍士官予備校成城学校の事例を取り上げ, 19世紀の朝鮮人留学生の思想的な影響と帰国後の活動を検討する。当時陸軍参謀本部の宇都宮太郎は朝鮮・清国留学生を担当しており, 国権主義から日本盟主論までを視野に入れたアジア主義の持ち主であった。宇都宮の影響を受けた韓相龍は, 帰国後も駐韓日本公使館附武官野津鎮武の指導・監督のもとで韓末における日本の朝鮮植民地化政策に協力した。
This study raises the case of Seijogakko, a preparatory school for the Japan Military Academy, as the destination for "Shibusawa Eiichi of Chosen" Sangyong Han's studies in Japan, considering the ideological influence of 19th century Korean foreign students and their activities after returning to their home country. 
Taro Utsunomiya, the Army's Chief of Staff at the time, was responsible for Korean and Chinese students and held a pan-Asianist perspective that evolved from a national sovereignty principle to a Japan-as-leader theory. 
Sangyong Han, influenced by Utsunomiya, cooperated with Japanese colonialist policies for Korea during Japan's annexation of Korea after his return, under the instructions and direction of the military attache for the Japanese Embassy in Korea, Shizutake Nozu.
 
目次

 
キーワード
朝鮮の渋沢栄一  

韓相龍  

成城学校  

宇都宮太郎  

アジア主義  
NDC
 
注記
論説
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 02, 2021 10:40:13  
作成日
Jun 21, 2012 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jun 5, 2014    フリーキーワード, 本文 を変更
Jul 27, 2015    版, 別タイトル, 著者 を変更
Jul 31, 2015    抄録, 本文 を変更
Jul 31, 2015    抄録 を変更
Nov 2, 2021    JaLCDOI を変更
 
インデックス
/ Public / 経済学部 / 三田学会雑誌 / 104 (2011) / 104(3) 201110
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 アイドル文化にお... (537) 1st
2位 組織市民行動が成... (378)
3位 もしも世界がみん... (344)
4位 ドイツのSNS対策... (317)
5位 ネットワークにつ... (272)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1950年前後の加藤... (685) 1st
2位 Instagram解析に... (506)
3位 アセトアニリドの... (491)
4位 日本市場における... (413)
5位 家族主義と個人主... (401)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース