慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00234610-20070101-0221  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00234610-20070101-0221.pdf
Type :application/pdf Download
Size :755.9 KB
Last updated :Nov 16, 2021
Downloads : 654

Total downloads since Nov 16, 2021 : 654
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 我が国の金融システムと市場型間接金融 : 銀行の債権譲渡に関する一考察  
カナ ワガクニ ノ キンユウ システム ト シジョウガタ カンセツ キンユウ : ギンコウ ノ サイケン ジョウト ニ カンスル イチ コウサツ  
ローマ字 Wagakuni no kinyu shisutemu to shijogata kansetsu kinyu : ginko no saiken joto ni kansuru ichi kosatsu  
別タイトル
名前 Financial system and market-oriented finance in Japan  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 前多, 康男  
カナ マエダ, ヤスオ  
ローマ字 Maeda, Yasuo  
所属 慶應義塾大学経済学部教授  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾経済学会  
カナ ケイオウ ギジュク ケイザイ ガッカイ  
ローマ字 Keio gijuku keizai gakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2007  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 三田学会雑誌  
翻訳 Keio journal of economics  
99  
4  
2007  
1  
開始ページ 827(221)  
終了ページ 844(238)  
ISSN
00266760  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
10.14991/001.20070101-0221
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
金融技術革新や情報技術革新を経て, 我が国の金融システムは変貌を遂げてきている。本稿は, 金融システムの変化を踏まえて我が国における市場型間接金融, 特に銀行の債権譲渡の位置づけを行うことを目的としている。我が国の資金の流れが銀行中心であり, 成熟経済においてはより厳密なリスク評価とリスク管理が必要とされることをまず再確認する。このような経済のマクロ的な環境の変化に伴い, 金融の在り方も従来の銀行中心のものから, その他のチャネルも使用する複線的なシステムに移行することが望ましいことが指摘されている。しかし, 銀行中心のシステムを市場を通じた資金の流れも活用していくシステムへ移行させることは, 言うには容易いがその実現は一朝一夕には達成できないことが予想される。まずは市場の整備が必要になるが, その整備も長期のスパンで行っていく必要がある。したがって, わが国が現在銀行を中心とした金融システムにあるという前提に立つと, 複線的なシステムへの移行期の姿として銀行の債権譲渡の活用が浮かび上がってくる。
Following the financial, technological, and information technological innovations, the financial system in our country is experiencing a dramatic change. 
This study, in light of changes in our financial system, investigates our country's market-oriented indirect financing, particularly focusing on the assignment of bank claims. 
First, given the fact that the flow of funds centers around banks in Japan, this study reconfirms the necessity of comparatively strict risk assessments and risk management in a mature economy. 
With changes in the macroenvironment of the economy, it has been argued that a shift to a multitiered system utilizing other channels is preferable over the existing system centered on banks. 
However, shifting from a bank-centered system to a system utilizing the flow of funds in the market is easy to say, but it cannot occur overnight. First, it is critical to develop the market and said development shall necessarily occur over a long span of time. 
Therefore, working from the premise that our country currently has a bank-centered financial system, the assignment of bank claims is an idea that can be utilized during a period of transition to a multitiered system.
 
目次

 
キーワード
金融システム  

市場型間接金融  

リレーションシップ取引  

債権譲渡  
NDC
 
注記
論説
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Nov 16, 2021 15:25:04  
作成日
Aug 01, 2011 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jun 4, 2014    フリーキーワード, 本文 を変更
Jul 2, 2015    抄録, 本文 を変更
Nov 16, 2021    出版者 ローマ字,JaLCDOI を変更
 
インデックス
/ Public / 経済学部 / 三田学会雑誌 / 99 (2006) / 99(4) 200701
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (311) 1st
2位 新自由主義に抗す... (289)
3位 DAOの法的地位と... (271)
4位 「余白的コミュニ... (266)
5位 個人・組織両面で... (258)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3141) 1st
2位 気象変化による片... (588)
3位 なぜ神が存在する... (578)
4位 サイバーセキュリ... (496)
5位 インフルエンサー... (313)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース