慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00224504-20211228-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00224504-20211228-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1004.2 KB
Last updated :Jun 23, 2022
Downloads : 94

Total downloads since Jun 23, 2022 : 94
 
本文公開日
2022-06-28  
タイトル
タイトル 国際刑罰権の間接実施と事項的免除 : 国家による中核犯罪の訴追と裁判権の免除をめぐる問題の一断面  
カナ コクサイ ケイバツケン ノ カンセツ ジッシ ト ジコウテキ メンジョ : コッカ ニ ヨル チュウカク ハンザイ ノ ソツイ ト サイバンケン ノ メンジョ オ メグル モンダイ ノ イチ ダンメン  
ローマ字 Kokusai keibatsuken no kansetsu jisshi to jikōteki menjo : kokka ni yoru chūkaku hanzai no sotsui to saibanken no menjo o meguru mondai no ichi danmen  
別タイトル
名前 Indirekte Durchsetzung des Völkerstrafrechts und funktionelle Immunität : zur Immunität für Völkerrechtsverbrechen vor staatlichen Gerichten  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 Osten, Philipp  
カナ オステン, フィリップ  
ローマ字  
所属 慶應義塾大学法学部教授  
所属(翻訳) Professor of criminal law and international criminal law, Faculty of Law, Keio University  
役割  
外部リンク  

名前 久保田, 隆  
カナ クボタ, タカシ  
ローマ字 Kubota, Takashi  
所属 東京大学特任助教  
所属(翻訳) Project research associate, The University of Tokyo  
役割  
外部リンク  

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学法学研究会  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ホウガク ケンキュウカイ  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku hōgaku kenkyūkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 法學研究 : 法律・政治・社会  
翻訳 Journal of law, politics, and sociology  
94  
12  
2021  
12  
開始ページ 1  
終了ページ 41  
ISSN
03890538  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録

 
目次
一 はじめに : 問題の素描
二 ドイツ国際刑法典に基づく中核犯罪の訴追・処罰
三 ドイツ連邦通常裁判所 (BGH) 二〇二一年一月二八日判決
 (一) 事実の概要および裁判の経緯
  1 事実の概要
  2 原判決 (ミュンヘン上級州裁判所二〇一九年七月二六日判決)
  3 本判決における犯罪の成否および量刑に関する変更点
 (二) 判旨 : 外国政府職員等による戦争犯罪等に関する免除の否定を中心に
  1 総説
  2 国際慣習法としての事項的免除
  3 国家実行
  4 法的確信
  5 その他の免除
  6 刑法典上の犯罪に関する免除
四 免除の適用範囲 : BGH判決の射程
五 免除の国内刑事法上の位置づけ : 一身的刑罰阻却事由か訴訟障害か
 (一) 総説 : 諸立場の分類・整理
 (二) ドイツにおける議論の変遷
 (三) 日本における議論状況
 (四) 小括
六 おわりに : 日本への示唆
 (一) 日本における議論の必要性と国連国際法委員会 (ILC) における議論との関係
 (二) 通常犯罪に基づく中核犯罪の訴追と事項的免除
 
キーワード
 
NDC
 
注記
論説
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jun 23, 2022 10:36:18  
作成日
Jun 23, 2022 10:36:18  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jun 23, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 法学部 / 法學研究 / 94 (2021) / 94(12) 202112
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (333) 1st
2位 DAOの法的地位と... (260)
3位 個人・組織両面で... (247)
4位 新自由主義に抗す... (240)
5位 「余白的コミュニ... (240)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (3880) 1st
2位 なぜ神が存在する... (706)
3位 気象変化による片... (594)
4位 サイバーセキュリ... (499)
5位 江藤名保子君学位... (382)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース