慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000149-0085  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000149-0085.pdf
Type :application/pdf Download
Size :3.8 MB
Last updated :Aug 9, 2022
Downloads : 509

Total downloads since Aug 9, 2022 : 509
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル プッサンとラファエロ : システィーナ礼拝堂用〈使徒言行録〉連作タピスリーの受容を中心に  
カナ プッサン ト ラファエロ : システィーナ レイハイドウヨウ〈シト ゲンコウロク〉レンサク タピスリー ノ ジュヨウ オ チュウシン ニ  
ローマ字 Pussan to Rafaero : Shisutīna reihaidōyō "Shito genkōroku" rensaku tapisurī no juyō o chūshin ni  
別タイトル
名前 Poussin and Raphael : how did Poussin assimilate Raphael's Acts of the Apostles tapestries?  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 望月, 典子  
カナ モチズキ, ノリコ  
ローマ字 Mochizuki, Noriko  
所属 慶應義塾大学文学部美学美術史学専攻教授  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 2022  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳 Philosophy  
 
149  
2022  
3  
開始ページ 85  
終了ページ 117  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
All through his life, Nicolas Poussin absorbed a great deal from the works of Raphael, the artist who understood antiquities the best. Working in close and sustained conversation with Raphael's works, he established his own style in a medium-sized tableau format. For Poussin, Raphael was not only a beacon that enabled him to understand classical antiquity, but also an exemplary of composition, disposition of figures, proportion, gesture, and decorum of history painting. Moreover, Raphael presented an object from which to learn how to combine a great story into a medium-sized tableau. In this paper, we focus on the relationship between Poussin's work and Raphael's designs of the Acts of the Apostles tapestries for the Sistine Chapel, centering on the two Seven Sacraments series and two other works on the subject of Acts painted in the 1650s. We aim to analyze how Poussin condenses large decorative art into compositions suitable for medium-sized tableaux, and how he transforms decorations for the Papacy into meanings suitable for art lovers while drawing upon the influence of Raphael. Because the impact of these tapestries is obvious in works completed for French patrons in the latter half of Poussin's life, the reception of Raphael's tapestries in France is also examined, and we reconsider the assimilation of Raphael in Poussin's tableaux and his originality taking the physical scale of the paintings into account.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
投稿論文
 
言語
日本語  

フランス語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 09, 2022 10:19:02  
作成日
Aug 09, 2022 10:19:02  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Aug 9, 2022    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 149 (202203)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 出生率及び教育投... (775) 1st
2位 『うつほ物語』俊... (474)
3位 新自由主義に抗す... (384)
4位 731部隊と細菌戦 ... (356)
5位 二〇二三年度三田... (269)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2455) 1st
2位 家族主義と個人主... (1905)
3位 731部隊と細菌戦 ... (574)
4位 猫オルガンとはな... (510)
5位 新参ファンと古参... (438)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース