慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000142-0143  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000142-0143.pdf
Type :application/pdf Download
Size :474.4 KB
Last updated :Jul 16, 2019
Downloads : 613

Total downloads since Jul 16, 2019 : 613
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 自閉スペクトラム症における他者感情認知障害へ対する行動的観点  
カナ ジヘイ スペクトラムショウ ニ オケル タシャ カンジョウ ニンチ ショウガイ エ タイスル コウドウテキ カンテン  
ローマ字 Jihei supekutoramushō ni okeru tasha kanjō ninchi shōgai e taisuru kōdōteki kanten  
別タイトル
名前 Emotion recognition deficits in autism spectrum disorders : a behavioral perspective  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 松田, 壮一郎  
カナ マツダ, ソウイチロウ  
ローマ字 Matsuda, Sōichirō  
所属 筑波大学人間系  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 山本, 淳一  
カナ ヤマモト, ジュンイチ  
ローマ字 Yamamoto, Jun'ichi  
所属 慶應義塾大学文学部  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前  
カナ  
ローマ字  
所属  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳 Philosophy  
 
142  
2019  
3  
開始ページ 143  
終了ページ 162  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Deficits in emotion recognition have been well documented in individuals with autism spectrum disorders (ASD). However, recent review articles have reported that tudies of emotion recognition in ASD have yielded mixed results. This may have resulted from the various descriptions of "emotion recognition" in previous studies. In order to have the same operational description among studies, it is necessary to describe emotion recognition as the establishment of the stimulus–response (S–R) relation. Although behavioral interpretations of other cognitive/developmental important phenomena such as theory of mind and joint attention have been conducted, no study has presented a behavior-analytic conceptualization of emotion recognition in the context of autism research. In order for behavioral interpretation of emotion recognition, it is important to identify vari-ables that control behavior, "recognizing emotion," in the interaction between an individual and another person. This paper concludes with a discussion of the deficits in emotion recognition in individuals with ASD and suggestions for future research are made.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
特集 : 坂上貴之教授 退職記念号#寄稿論文
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 16, 2019 15:31:57  
作成日
Jul 16, 2019 15:31:57  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 16, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 142 (201903)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ネットワークにつ... (468) 1st
2位 慶應義塾大学薬学... (393)
3位 新自由主義に抗す... (379)
4位 ドイツのSNS対策... (376)
5位 攻撃衝動の体系的... (360)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (805) 1st
2位 独ソ不可侵条約と... (632)
3位 ドイツのSNS対策... (595)
4位 なぜ日本ユニテリ... (594)
5位 アセトアニリドの... (448)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース