慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000142-0009  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000142-0009.pdf
Type :application/pdf Download
Size :485.4 KB
Last updated :Jul 16, 2019
Downloads : 3007

Total downloads since Jul 16, 2019 : 3007
 
タイトル
タイトル 徹底的行動主義について  
カナ テッテイテキ コウドウ シュギ ニ ツイテ  
ローマ字 Tetteiteki kōdō shugi ni tsuite  
別タイトル
名前 About radical behaviorism  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 丹野, 貴行  
カナ タンノ, タカユキ  
ローマ字 Tanno, Takayuki  
所属 明星大学心理学部  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 2019  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳 Philosophy  
 
142  
2019  
3  
開始ページ 9  
終了ページ 42  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The radical behaviorism is defined as "the philosophy of science of behavior treated as a subject matter in its own right apart from internal explanations, mental or physiological" (Skinner, 19989, p. 122). The purpose of this paper is to summarize core ideas of the radical behaviorism in comparison with the methodological behaviorism. The methodological behaviorism excludes private events from psychological data, while it accepts the operational definition of hypothetical constructs which are described by, and sometimes refer to, the mental terms, concepts, and processes. In contrast, the radical behaviorism locates the private events in the inner world within the skin (not mental but physical dimension) and apply the contingency analysis to those events as it is for the the public events. In consequence, the radical behaviorism views the mental terms, concepts, and processes as a discrimination learning of private events and a covert verbal behavior. Because these behaviors are acquired and maintained through the contingencies of reinforcement provided by the verbal community, those terms, concepts, and processes can be viewed as a social product. Pragmatic philosophy underlies these views : The science is the behavior of the scientists, so the purpose of psychology should be the prediction and control of behavior becauseit is most reinforcing for the scientists' science behavior.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
特集 : 坂上貴之教授 退職記念号#寄稿論文
 
言語
日本語  

英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 16, 2019 15:31:59  
作成日
Jul 16, 2019 15:31:59  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 16, 2019    インデックス を変更
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 142 (201903)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日本における小売... (4491) 1st
2位 LONG-RUN FISH ST... (3387)
3位 ネットワークにつ... (1098)
4位 ドイツのSNS対策... (975)
5位 記憶の社会学・序... (640)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 LONG-RUN FISH ST... (980) 1st
2位 アルコール発酵の... (900)
3位 アセトアニリドの... (844)
4位 ドイツのSNS対策... (599)
5位 中和滴定と酸塩基... (491)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース