慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000131-0153  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000131-0153.pdf
Type :application/pdf Download
Size :948.5 KB
Last updated :Jul 30, 2019
Downloads : 4315

Total downloads since Jul 30, 2019 : 4315
 
タイトル
タイトル レヴィナスにおけるキルケゴール読解を通じた主体性概念の改鋳について : 講演「神人?」における特異な受肉理解をめぐって  
カナ レヴィナス ニ オケル キルケゴール ドッカイ オ ツウジタ シュタイセイ ガイネン ノ カイチュウ ニ ツイテ : コウエン 「シンジン ?」 ニ オケル トクイナ ジュニク リカイ オ メグッテ  
ローマ字 Revinasu ni okeru Kirukegoru dokkai o tsujita shutaisei gainen no kaichu ni tsuite : koen "shinjin?" ni okeru tokuina juniku rikai o megutte  
別タイトル
名前 L'idée de subjectivité chez Lévinas construite à travers sa lecture de Kierkegaard : Autour de la notion unique d'incarnation dans la conférence Un Dieu Homme?  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 村上, 暁子  
カナ ムラカミ, アキコ  
ローマ字 Murakami, Akiko  
所属 慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程・特別研究員DC  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 2013  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
131  
2013  
3  
開始ページ 153  
終了ページ 180  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Dans une conférence prononcée en 1968 et intitulée Un DieuHomme?, à l'occasion de la semaine des intellectuels catholiques,Lévinas présente sa conception messianique de la subjectivité, en examinantla notion d'incarnation, conçue dans la tradition chrétiennesous la figure de Jésus-Christ. Cette idée est, chez lui, remise en lumièrecomme un "problème" qui comporte deux concepts paradoxaux:"l'humilité" et "la substitution".L'argument semble s'inspirer de sa lecture de Kierkegaard dans lapremière partie des années 1960, marquant le point de convergenceet de divergence entre ces deux penseurs, qui consacrent respectivementleurs efforts à considérer la relation avec la transcendance afinde rétablir la subjectivité humaine. Comment Lévinas métamorphose-t-il la définition de la subjectivité chez Kierkegaard, comme la tensionentre Soi, pour aboutir à une toute autre définition, la substitutionpar moi de tous les autres? Pour montrer le cheminement de lapensée de Lévinas sur la notion de subjectivité, cet article traiterases conceptions de l'existence, de l'humilité et de la substitution.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
投稿論文
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 30, 2019 09:33:11  
作成日
Apr 18, 2013 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jul 30, 2019    著者 を変更
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 131 (201303)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 アイドル文化にお... (537) 1st
2位 組織市民行動が成... (378)
3位 もしも世界がみん... (344)
4位 ドイツのSNS対策... (317)
5位 ネットワークにつ... (272)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1950年前後の加藤... (685) 1st
2位 Instagram解析に... (506)
3位 アセトアニリドの... (491)
4位 日本市場における... (413)
5位 家族主義と個人主... (401)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース