慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000131-0129  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000131-0129.pdf
Type :application/pdf Download
Size :737.8 KB
Last updated :Apr 19, 2013
Downloads : 1799

Total downloads since Apr 19, 2013 : 1799
 
タイトル
タイトル カントにおける外的対象の占有の正当化と自由について  
カナ カント ニ オケル ガイテキ タイショウ ノ センユウ ノ セイトウカ ト ジユウ ニ ツイテ  
ローマ字 Kanto ni okeru gaiteki taisho no senyu no seitoka to jiyu ni tsuite  
別タイトル
名前 Justification of the possession of an outer object and freedom in Kant's "Rechtslehre"  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 石田, 京子  
カナ イシダ, キョウコ  
ローマ字 Ishida, Kyoko  
所属 慶應義塾大学文学部非常勤講師  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 2013  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
131  
2013  
3  
開始ページ 129  
終了ページ 152  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
This article examines the reason why the relation between subjectsand objects is understood to have a double meaning in ImmanuelKant's deduction of private rights. To this end, I focus on Kant'sargument of the theory of private rights §1–7 in Metaphysics of Morals. The theme of this particular section is the justification of anouter "mine" and "yours."
Drawing from his own transcendental philosophy, Kant indicatesin the theory of private rights that the notion of possession can beunderstood in two ways; physical (sensible) possession and merelyrightful (intelligible) possession. What Kant denotes here is how theideas concerning law are understood independently of empirical elements.Kant thereby criticizes empirical justifications of privaterights in general and attempts to prove that only intelligible possessionmakes possible the distinction between an outer "mine" and"yours."
However, it is impossible for a human being as finite and rationalto grasp this intelligible relation between subjects and objects empirically,as Kant indicates repeatedly in his Rechtslehre. The notion ofintelligible possession has practical meaning only when all personssubmit to the universal principle of Right which binds them to re-spect others' possessions ("his" and "hers"). The legal relation betweensubjects and objects is converted into a reciprocal relation betweenpersons who exclude one another's interference with outerobjects when the idea of intelligible possession is applied to an empiricalobject.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
投稿論文
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 18, 2013 09:00:00  
作成日
Apr 18, 2013 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 131 (201303)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 アイドル文化にお... (537) 1st
2位 組織市民行動が成... (378)
3位 もしも世界がみん... (344)
4位 ドイツのSNS対策... (317)
5位 ネットワークにつ... (272)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1950年前後の加藤... (685) 1st
2位 Instagram解析に... (506)
3位 アセトアニリドの... (491)
4位 日本市場における... (413)
5位 家族主義と個人主... (401)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース