慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000130-0087  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000130-0087.pdf
Type :application/pdf Download
Size :743.2 KB
Last updated :Apr 18, 2013
Downloads : 2015

Total downloads since Apr 18, 2013 : 2015
 
タイトル
タイトル 時間と主観性  
カナ ジカン ト シュカンセイ  
ローマ字 Jikan to shukansei  
別タイトル
名前 Time and subjectivity  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 河野, 哲也  
カナ コウノ, テツヤ  
ローマ字 Kono, Tetsuya  
所属 立教大学文学部  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 2013  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
130  
2013  
3  
開始ページ 87  
終了ページ 103  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
This paper aims at reexamining critically the psychological conceptof "time perception" from a philosophical point of view. Becausepsychology has implicitly presupposed Newtonian physics as its researchframework, it has been wrongly believed that there is theperception of time itself. On the other hand, James Gibson has correctlyclaimed that we should think events as the primary realitiesand of time as an abstraction from them. According to Gibson, timedoes not exist as such, but it is rather a concept abstracted from realities.Accordingly, events are perceived, but there is no time perception.Following and extending the line of Gibson's argument, Iwill conclude that the image of "time arrow" or "flow of time" is aharmful, misleading metaphor for understanding time and time perception.What really exists is only the perception of continual eventsand processes. It is a human being who demarcates the line betweenthe past and the present in a continual process in the world. Perceptionof the future is the perception of the potential in the world.So, perception of the past and that of the future is completely asymmetric.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
特集 : 渡辺茂君・増田直衛君退職記念
投稿論文
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 18, 2013 09:00:00  
作成日
Apr 18, 2013 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 130 (201303)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 記憶の社会学・序... (355) 1st
2位 ドイツのSNS対策... (345)
3位 伊藤隆太君学位請... (345)
4位 越境するファシズ... (344)
5位 性犯罪の保護法益... (322)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (397) 1st
2位 新参ファンと古参... (383)
3位 アイドル文化にお... (328)
4位 Instagram解析に... (312)
5位 家族主義と個人主... (309)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース