慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000124-0053  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000124-0053.pdf
Type :application/pdf Download
Size :602.1 KB
Last updated :Jul 2, 2012
Downloads : 1791

Total downloads since Jul 2, 2012 : 1791
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル J.S.ミルとキリスト教  
カナ J.S. ミル ト キリストキョウ  
ローマ字 J.S. Miru to Kirisutokyo  
別タイトル
名前 J. S. Mill and Christianity   
カナ  
ローマ字  
著者
名前 小泉, 仰  
カナ コイズミ, タカシ  
ローマ字 Koizumi, Takashi  
所属 慶應義塾大学名誉教授  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 2010  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
124  
2010  
3  
開始ページ 53  
終了ページ 76  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
I have tried, in this paper, to make it clear how J. S. Mill had been confronted with Christianity by meeting with his different acquaintances and discussing religious matter with them. I have divided the developmental period of his religious ideas toward Christianity into three periods, and described the changes of Mill's ideas against Christianity.
In the first period, Mill was acutely critical against Christianity in his essay such as "On Religious Persecution" in 1824. In the second period, Mill became acquainted with John Sterling and Thomas Carlyle from 1825 to 1834, and was influenced by Romanticism. So he softened his criticism against Christianity. In the third period, Mill rather returned to what he had started from, and he considered Christianity from the viewpoint of External Utilitarianism.
In the last place, I have dealt with Mill's criticism of the traditional arguments for existence of God by comparing his critical argument against existence of God with his a$rmative proof of the Principle of Utility. I have concluded that if we accept Mill's proof of the Principle of Utility, then we are obliged to accept the traditional arguments of existence of God also.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
投稿論文
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Jul 02, 2012 09:00:00  
作成日
Jul 02, 2012 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 124 (201003)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 アイドル文化にお... (504) 1st
2位 日韓会談と日韓国... (476)
3位 組織市民行動が成... (343)
4位 もしも世界がみん... (320)
5位 ドイツのSNS対策... (313)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1950年前後の加藤... (615) 1st
2位 アセトアニリドの... (584)
3位 Instagram解析に... (501)
4位 家族主義と個人主... (482)
5位 刑法における因果... (463)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース