慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000122-0121  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000122-0121.pdf
Type :application/pdf Download
Size :592.7 KB
Last updated :Jul 2, 2012
Downloads : 2719

Total downloads since Jul 2, 2012 : 2719
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル アルキビアデス1篇におけるソクラテスの産婆術と教育 : 自分に誠実に向き合うための対話と自己吟味  
カナ アルキビアデス 1ヘン ニ オケル ソクラテス ノ サンバジュツ ト キョウイク : ジブン ニ セイジツ ニ ムキアウ タメ ノ タイワ ト ジコ ギンミ  
ローマ字 Arukibiadesu 1hen ni okeru Sokuratesu no sanbajutsu to kyoiku : jibun ni seijitsu ni mukiau tame no taiwa to jiko ginmi  
別タイトル
名前 Socratic midwifery in the Alkibiades 1  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 東, 敏徳  
カナ アズマ, トシノリ  
ローマ字 Azuma, Toshinori  
所属 聖徳大学幼児教育専門学校; 慶応義塾大学文学部  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 2009  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
122  
2009  
3  
開始ページ 121  
終了ページ 140  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The Alkibiades 1 is a rich but vastly underappreciated dialogue in educational studies. It offers a positive exemple of Socratic educational method and it then substantiates the effectiveness of Socratic midwifery (maieutic) strategy for the education. For this reason, this dialogue warrants close attention. Socrates utilizes a Alkibiades' unabashed desire for domination as a catalyst in his maieutic approach.
In this article, I will show that Socratic conversation with the young Alkibiades transforms Alkibiades' self-awareness convincing him that he must take more trouble over himself if he desires to advise the Athenian citizen about its political affaires. Also I will focus on Socratic approach that the conversation will be to elaborate the Socratic educational aim of taking trouble over oneself.
In the first part of this article, I will concentrate on the maieutic process in Alkibiades 1. Here we reach the core of the dialogue that 'taking trouble over oneself' is said to yield selfknowledge, which implies soundmindedness (sophrosune). In the second part, I will suggest some problem in this dialogue which is pararell to the Meno. In the third part, I will conclude that the educational essence in the Alkibiades 1 is to encorage people to dicipline oneself and to control oneself by self-criticism.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
投稿論文
 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Jan 15, 2014 15:21:45  
作成日
Jul 02, 2012 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Jan 15, 2014    フリーキーワード, 抄録, 著者 を変更
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 122 (200903)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 J.S. ミルの社会... (324) 1st
2位 新自由主義に抗す... (266)
3位 DAOの法的地位と... (237)
4位 個人・組織両面で... (222)
5位 「余白的コミュニ... (208)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 戦時期マラヤ・シ... (476) 1st
2位 Le nô Kinuta, l... (421)
3位 江藤名保子君学位... (344)
4位 ビルマ戦線と憲兵... (342)
5位 軍事組織における... (305)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース