慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000122-0045  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000122-0045.pdf
Type :application/pdf Download
Size :508.2 KB
Last updated :Aug 2, 2019
Downloads : 2922

Total downloads since Aug 2, 2019 : 2922
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル ハイデガーにおける現存在の「身体性」の問題性格について  
カナ ハイデガー ニ オケル ゲン ソンザイ ノ 「シンタイセイ」 ノ モンダイ セイカク ニ ツイテ  
ローマ字 Haidega ni okeru gen sonzai no "shintaisei" no mondai seikaku ni tsuite  
別タイトル
名前 The problematic character of Dasein's "bodily nature" in Heidegger  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 伊藤, 良司  
カナ イトウ, リョウジ  
ローマ字 Ito, Ryoji  
所属 慶応義塾大学大学院文学研究科哲学 倫理学専攻哲学分野 後期博士課程3年  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 2009  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
122  
2009  
3  
開始ページ 45  
終了ページ 65  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
In Being and Time, Heidegger says that Dasein's "bodily nature" (Leiblichkeit) implies "a whole problematic of its own", adding "we shall not treat it here". I will inquire into why Dasein's bodily nature was problematic for him. He hadn't given us any explicit answers to this question. However, in some of his texts (Metaphysische Anfangsgruünde der Logik and Zollikoner Seminare), we can find some clues about it. By following these texts, I will try to reveal that Heidegger is implicitly giving Dasein's bodily nature a double potision in his analysis of Dasein: one is that Dasein's bodily nature is based on "in-theworld-being", the other is that it has "neutral" Dasein diversified.
So I argue that this double potision makes Heidegger's "bodily nature" problematic. In addition, I will comfirm this double potision of Dasein's bodily nature, in a manner different from his, by describing the bodily situation, which Heidegger himself illustrates in Zollikoner Seminare. He pays much attention to the fact that we are offen absorbed in thinking about something while walking around. I will point out that this "while  ing" includes both potisions of Dasein's bodily nature: walking around itself is based on "in-the-world-being" of Dasein, while we find out where we are in the world through our relation to each of the ready-to-hand (das Zuhandene) in our walking around.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
投稿論文
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 02, 2019 16:05:43  
作成日
Jul 02, 2012 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Aug 2, 2019    著者,抄録 内容 を変更
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 122 (200903)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (422) 1st
2位 慶應義塾大学薬学... (420)
3位 ネットワークにつ... (406)
4位 実践的推論の合理... (403)
5位 攻撃衝動の体系的... (347)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 慶應義塾大学薬学... (1555) 1st
2位 なぜ日本ユニテリ... (845)
3位 独ソ不可侵条約と... (633)
4位 ドイツのSNS対策... (584)
5位 アセトアニリドの... (497)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース