慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000119-0236  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000119-0236.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.5 MB
Last updated :Oct 4, 2010
Downloads : 1230

Total downloads since Oct 4, 2010 : 1230
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 記憶の覚醒と地域づくり : 沖縄の都市近郊の事例から  
カナ キオク ノ カクセイ ト チイキズクリ : オキナワ ノ トシ キンコウ ノ ジレイ カラ  
ローマ字 Kioku no kakusei to chiikizukuri : Okinawa no toshi kinko no jirei kara  
別タイトル
名前 The reconstruction of community by evoking memories  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 宮下, 克也  
カナ ミヤシタ, カツヤ  
ローマ字 Miyashita, Katsuya  
所属 慶應義塾大学  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 2008  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
119  
2008  
3  
開始ページ 233  
終了ページ 256  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
In order to address the needs of a low birthrate and an aging population, we need to reconstruct communities that are declining. The purpose of this paper is to analyze, through concepts, such as memory, space and placeless which is coined by Edward Relph, the process of reconstruction of a community in the suburb of Naha City in Okinawa, where there are longtime residents and newcomers. At first, I will analyze on the community the effect of Azashi-making which means the residents compiling historical data into a book by themselves. Secondly, I will treat the young men's association. The association, which temporarily had suspended its activities, started again a few years ago. They revived an old custom, Eisa, which is the dance devoted to their ancestors. The revival involved both longtime residents and newcomers in the reconstruction of a community. They evoked the community's memories by Azashi-making and the revival of Eisa and began to have a special attachment to their community. Put simply, to reconstruct communities, they instilled their memory into the place which has been mixed by both longtime residents and newcomers.
 
目次
I. はじめに
II. 字・公民館
 1. 沖縄県A町C字
 2. 「中心」としての字公民館
III. 場所の記憶の覚醒
 1. 字誌づくり
 2. 青年会の再結成
 3. 道ジュネーによる記憶の覚醒・再創造
 4. 屋取集落と新興住宅地 
 5. 意識を覚醒する音
 6. 没場所性と始原志向
IV. 結語
 
キーワード
memory  

placelessness  

reconstruct of community  

space  
NDC
 
注記
特集文化人類学の現代的課題II
特集文化人類学の現代的課題II
第1部 空間の表象
投稿論文
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 04, 2010 09:00:00  
作成日
Oct 04, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 119 (200803)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日豪「ミドルパワ... (890) 1st
2位 新自由主義に抗す... (716)
3位 グラウンデッド・... (515)
4位 ドイツのSNS対策... (504)
5位 なぜ日本ユニテリ... (484)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Research on elec... (2163) 1st
2位 新たなかたちのひ... (2013)
3位 Linguistic encod... (1971)
4位 経営者が語るアン... (1768)
5位 ソレルスの中国 (... (1575)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース