慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000119-0150  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000119-0150.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.6 MB
Last updated :Oct 4, 2010
Downloads : 962

Total downloads since Oct 4, 2010 : 962
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 交易港と異文化空間 : 長崎港の機能と解釈  
カナ コウエキコウ ト イブンカ クウカン : ナガサキコウ ノ キノウ ト カイシャク  
ローマ字 Koekiko to ibunka kukan : Nagasakiko no kino to kaishaku  
別タイトル
名前 Ports of trade and cross-cultural space : the function and interpretation of Nagasaki port, Japan  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 織田, 竜也  
カナ オダ, タツヤ  
ローマ字 Oda, Tatsuya  
所属 東京大学空間情報科学研究センター  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 2008  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
119  
2008  
3  
開始ページ 147  
終了ページ 170  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
This paper considers "Ports of Trade" by Karl Polanyi from some theoretical viewpoints and the case of Nagasaki, Japan. Ports of Trade are not just more ports in which trades are done. It is their feature that the power of hinterland take political control of the ports, as a result, the ports are kept neutral and safety in transactions. The space of the ports is ambiguous, that is to say, the ports belong territorially to hinterland, at the same time, they are alien territory. There are many ports which are defined "Ports of Trade" all over the world. In Japan, Nagasaki is the most suits. Especially Dejima at Nagasaki is landfill construction in 1634. So in this paper, first we learn the Nagasaki Port historically. After that, we consider the cross-cultural situation. Especially we check the event that the elephant from Southeast Asia reached at the port of Nagasaki and walked to Tokyo. People believe the power of the elephant from the folk religious viewpoint. This case show clearly that "Ports of Trade" is deeply related cross-cultural situation, and is the contact point of cross-cultural interpretation. So we need consider "Ports of Trade" from the cross-cultural standpoint, not only economically but also culturally.
 
目次
1. はじめに
2. 交易港(Ports of Trade)
3. 交易港としての長崎
4. 交易港を認識する
5. 異文化としての象
6. 結語
 
キーワード
ports of trade  

dejima  

elephant  

folk religion  
NDC
 
注記
特集文化人類学の現代的課題II
第1部 空間の表象
投稿論文
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 04, 2010 09:00:00  
作成日
Oct 04, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 119 (200803)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日豪「ミドルパワ... (890) 1st
2位 新自由主義に抗す... (716)
3位 グラウンデッド・... (515)
4位 ドイツのSNS対策... (504)
5位 なぜ日本ユニテリ... (484)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Research on elec... (2163) 1st
2位 新たなかたちのひ... (2013)
3位 Linguistic encod... (1971)
4位 経営者が語るアン... (1768)
5位 ソレルスの中国 (... (1575)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース