慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000099-0087  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000099-0087.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.3 MB
Last updated :Oct 1, 2010
Downloads : 989

Total downloads since Oct 1, 2010 : 989
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル W.A.モーッァルトとM.ハイドンのセレナード,ディヴェルティメント類におけるバスの編成をめぐって  
カナ W.A. モーッァルト ト M. ハイドン ノ セレナード, ディヴェルティメントルイ ニ オケル バス ノ ヘンセイ オ メグッテ  
ローマ字 W. A. Motsuaruto to M. Haidon no serenado, diverutimentorui ni okeru basu no hensei o megutte  
別タイトル
名前 Zum Basso-Problem in der serenadenhaften Musik von W. A. Mozart und M. Haydn  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 西川, 尚生  
カナ ニシカワ, ヒサオ  
ローマ字 Nishikawa, Hisao  
所属 慶應義塾大学文学部  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 1995  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
99  
1995  
9  
開始ページ 87  
終了ページ 117  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Welches Instrument die Basso-Stimme in der Salzburger serenadenhaften Musik W. A. Mozarts realisiert, ist eine offene Frage, die immer wieder in der Mozart-Forschung aufgegriffen worden ist. Far die Untersuchung der Auffiihrungspraxis der Salzburger Werke Mozarts ist es erforderlich, auch die Werke anderer Salzburger Komponisten in Betracht zu ziehen, aber diese Methode ist bisher nicht reichlich miteinbezogen worden. In dieser Abhandlung wird die Besetzungsweise vom Basso der serenadenhaften Musik Michael Haydns, der der wichtigste Salzburger Komponist zur Zeit Mozarts war, durch die Quellenkritik erlautert, und aus diesem Ergebnis wird die neueste Hypothese fiber Mozarts Serenadenbaf3 von W.-D. Seiffert (1992) tiberprilft. Zwar zeigt die Auffiihrungspraxis der Divertimenti in der zweiten Halite des 18. Jahrhunderts, daB es, wie Seiffert behauptet, ftir die BaBstimmen der Divertimenti mit zwei Horner von Mozart (KV. 247, 251, 287, 334) variable Besetzungsmoglichkeiten gibt, aber die BaBbesetzung in den Divertimenti und Notturni M. Haydns (besonders ein Notturno mit zwei Homer MH. 185) und zwei Briefe von L. Mozart (13.4. 1778 und 8.9. 1786) deuten doch an, daB bei den Salzburger 2 Horner-Werken im allgemeinen nicht die Doppelbesetzung mit Violoncello und KontrabaB, sondern ein KontrabaB oder ein Violoncello verwendet wurde. Bei den Orchesterserenaden werden in den Autographen und den authentischen Abschriften von W. A. Mozart, M. Haydn und L. Mozart, ein Solo-Violoncello in M. Haydns MH. 86 ausgenommen, immer Kontrabasse (und zusatzliche 2 Fagotte) als BaBinstrument angewiesen. So darf man bei den Serenaden die Behauptung nicht von Seiffert, sondern von C. Bar und J. Webster als legitim betrachten.
 
目次
1. 序
2. M.ハイドンのセレナード,ディベルティメント類の資料
3. ザルツブルクにおけるチェロとコントラバス
 3.1. ザルツブルク宮廷楽団と聖ペテロ修道院楽団におけるチェロ奏者
 3.2. バス声部の音域
 3.3. セレナード,ディベルティメント類の野外演奏とチェロの使用
4. W.A.モーツァルトとM.ハイドンのセレナード,ディベルティメント類におけるバスの編成
 4.1. ディベルティメントにおけるバスの編成
 4.2. セレナードにおけるバスの編成
5. 結論
 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 01, 2010 09:00:00  
作成日
Oct 01, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 99 (199509)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日豪「ミドルパワ... (890) 1st
2位 新自由主義に抗す... (716)
3位 グラウンデッド・... (515)
4位 ドイツのSNS対策... (504)
5位 なぜ日本ユニテリ... (484)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Research on elec... (2163) 1st
2位 新たなかたちのひ... (2013)
3位 Linguistic encod... (1971)
4位 経営者が語るアン... (1768)
5位 ソレルスの中国 (... (1575)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース