慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000099-0057  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000099-0057.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.8 MB
Last updated :Oct 1, 2010
Downloads : 2002

Total downloads since Oct 1, 2010 : 2002
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 中国の美的範疇論 : 「気韻」の説  
カナ チュウゴク ノ ビテキ ハンチュウロン : 「キイン」 ノ セツ  
ローマ字 Chugoku no biteki hanchuron : "kiin" no setsu  
別タイトル
名前 Aesthetic categories in Chinese philosophy theory of "qi-yun"  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 牛, 枝恵  
カナ  
ローマ字 Niu, zhi hui  
所属 慶應義塾大学文学部  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 1995  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
99  
1995  
9  
開始ページ 57  
終了ページ 85  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Category originally is a term for philosophy and philology, which means fundamental form of thought or being. When applied to aesthetics, it becomes aesthetic category, and indicates a concept which divides the aesthetic things into severel highest classes according to difference of connotation. "Qi-Yun" (気韻) is one of the most important categories of Chinese aesthetics, and is characteristic of Chinese culture. "Qi-Yun" was used for the first time as an aesthetic concept of picture by Xie He (謝赫) in "the Six Dynasties (222~589 A. D.)". In his book on the theory of picture "Gu Hua Pin Lu (古画品録)" (a critical essay on Chinese pictures), the first rule is "Qi Yun Sheng Dong (気韻生動). By this consept, he describes the mode of existence of picture as an artistic phenomenon. "Qi Yun" as an aesthetic category or concept had been found in chinese philosophy or criticism, and in the theory of music before Xie He. After Xie He, "Qi Yun" has been applied to the various fields of art. And then aesthetic concept and the autonomic system have guradually begun to be formed. In the following, I will study about the system and history of "Qi Yun" as an aesthetic category in Chinese aesthetics.
 
目次
序
「気」の理念
「韻」の形式
「気韻」と「人物品」
美的範疇としての「気韻」
「気韻」と絵画
結び
 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 01, 2010 09:00:00  
作成日
Oct 01, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 99 (199509)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日豪「ミドルパワ... (890) 1st
2位 新自由主義に抗す... (716)
3位 グラウンデッド・... (515)
4位 ドイツのSNS対策... (504)
5位 なぜ日本ユニテリ... (484)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Research on elec... (2163) 1st
2位 新たなかたちのひ... (2013)
3位 Linguistic encod... (1971)
4位 経営者が語るアン... (1768)
5位 ソレルスの中国 (... (1575)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース