慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000095-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000095-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :702.9 KB
Last updated :Oct 1, 2010
Downloads : 512

Total downloads since Oct 1, 2010 : 512
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル Note on the Strong Normalizability of the Logic with Self-Referential Predicates  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 岡田, 光弘  
カナ オカダ, ミツヒロ  
ローマ字 Okada, Mitsuhiro  
所属 慶應義塾大学文学部  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 1993  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
95  
1993  
7  
開始ページ 1  
終了ページ 14  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
We consider a logical system in which the second order terms can be also used as first order terms. As a consequence, predicates can be taken as arguments of another predicate. In other words, a predicate can refer to predicates. The proposed framework seems very different from the tradition of formal logic which has been developped since Aristotle, where the distinction between the predicates and the individuals are essential. While in the traditional (Aristotelean) logical language a typical and basic sentence is of the form, e.g., Love(Socrates, Phaidon) "Socrates loves Phaidon", in our proposed language we could also express e.g., Love(Socrates, Love), Socrates "loves (the idea of) love", (which can be also express as Love(Socrates, λx, y. Love(x, y) by the usual η-conversion), or a sentence Love(God, λx ∀y Love(x, y)), "God loves (the idea of) loving everyone", or a predicate on x such as Love(x, λy Love(x, y)), "x loves x's own love". The purpose of this note is to give some proof-theoretic properties of the proposed logic; in particular, the strong normalizability is shown by slightly modifying Girard's strong normalizability proof for the traditional higher order logic. The use of this proposed logical language for the analysis of "self-references" and "intensionality" as Well as a connection with natural language semantics is discussed in Okada", and the connection with mobile communication processes and with linear logic are discussed in Okada.
 
目次
1. INTRODUCTION
2. LANGUAGE FOR SELF-REFERENTIAL PREDICATES
3. UNTYPED SELF-REFERENTIAL LANGUAGE AND RUSSELL'S PARADOX
4. STRONG NORMALIZABILITY
5. REFERENCES
 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 01, 2010 09:00:00  
作成日
Oct 01, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 95 (199307)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 アイドル文化にお... (504) 1st
2位 日韓会談と日韓国... (476)
3位 組織市民行動が成... (343)
4位 もしも世界がみん... (320)
5位 ドイツのSNS対策... (313)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1950年前後の加藤... (615) 1st
2位 アセトアニリドの... (584)
3位 Instagram解析に... (501)
4位 家族主義と個人主... (482)
5位 刑法における因果... (463)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース