慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000089-0071  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000089-0071.pdf
Type :application/pdf Download
Size :2.2 MB
Last updated :Oct 1, 2010
Downloads : 3100

Total downloads since Oct 1, 2010 : 3100
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 密教図像と造像 : 円珍感得の園城寺黄不動明王画像について  
カナ ミッキョウ ズゾウ ト ゾウゾウ : エンチン カントク ノ エンジョウジ キフドウミョウオウ ガゾウ ニ ツイテ  
ローマ字 Mikkyo zuzo to zozo : Enchin kantoku no Enjoji Kifudomyoo gazo ni tsuite  
別タイトル
名前 Mikkyo art and iconography : the Onjo-ji Kifudo-Myo-o  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 紺野, 敏文  
カナ コンノ, トシフミ  
ローマ字 Konno, Toshifumi  
所属 慶應義塾大学文学部  
所属(翻訳) KEIO UNIVERSITY  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 1989  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
89  
1989  
12  
開始ページ 71  
終了ページ 94  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The Kifudo-Myo-o (Yellow Fudo, Acalanatha) at Onjo-ji is the most iconographically unique of the numerous images of the Fudo-Myo-o produced since the Heian Period. Heretofore, it has been held that, in keeping with the account in the Enchinden of 902, the work was made according to an inspiration the Tendai priest Enchin (814-891) had while sitting in meditation, before he set sail for China. This treatise proposes that, contrary to this traditional view, Enchin drew on some definite iconographic sources in conceiving this work. Specifically, various features of the Fudo-Myo-o have been based not only on the Ninno-gyo Goho Shosonzo brought to Japan by Kukai, as has previously been pointed out, but also on the Taizo Zuzo brought by Enchin himself. In addition, the depiction of a yellow Fudo-Myo-o standing in an empty void corresponds with what is written in the Dainichi-kyosho translated by Zenmui. Probably painted sometime after Enchin's return to Japan in 858, this work represents an epochal development in the Mikkyo art of the Tendai sect in Japan.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 01, 2010 09:00:00  
作成日
Oct 01, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 89 (198912)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 アイドル文化にお... (504) 1st
2位 日韓会談と日韓国... (476)
3位 組織市民行動が成... (343)
4位 もしも世界がみん... (320)
5位 ドイツのSNS対策... (313)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1950年前後の加藤... (615) 1st
2位 アセトアニリドの... (584)
3位 Instagram解析に... (501)
4位 家族主義と個人主... (482)
5位 刑法における因果... (463)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース