慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000075-0185  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000075-0185.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.1 MB
Last updated :Sep 21, 2010
Downloads : 1191

Total downloads since Sep 21, 2010 : 1191
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 展望:注意に関する諸研究 : 選択的刺激性制御として  
カナ テンボウ : チュウイ ニ カンスル ショ ケンキュウ : センタクテキ シゲキセイ セイギョ トシテ  
ローマ字 Tenbo : chui ni kansuru sho kenkyu : sentakuteki shigekisei seigyo toshite  
別タイトル
名前 Review of attention  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 杉山, 尚子  
カナ スギヤマ, ナオコ  
ローマ字 Sugiyama, Naoko  
所属 慶應義塾大学大学院社会学研究科修士課程:心理学  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 渡辺, 茂  
カナ ワタナベ, シゲル  
ローマ字 Watanabe, Shigeru  
所属 慶應義塾大学文学部助教授:心理学  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 1982  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
75  
1982  
12  
開始ページ 185  
終了ページ 206  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Behavior of organism is controlled by not all elements of its environment, but a small part of it. In the paradigm of operant conditioning, such selectivity has been called "attention" or selective stimulus control". The authors critically reviewed studies about this phenomenon. Four factors, which determine the phenomenon, can be classfied as follows. 1) innate factor or factor of salience, 2) selective association between stimulus and reinforcer, 3) predictability of reinforcement, 4) history of stimulus control. Two different theories about attention have been proposed : i. e., selective attention theory and general attentiveness theory. The former claims that attention to one dimension reduces attention to other dimensions and the latter claims that attention to one dimension increases general attitude to attend to other dimensions. Recent experiments seem to support the general attentiveness theory.
 
目次
1. はじめに
2. 注意を規定する要因
 2-1. 刺激の特性
 2-2. 強化子との適合性
 2-3. 強化の予測性
 2-4. 過去の刺激性制御
3. おわりに
 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2010 09:00:00  
作成日
Sep 21, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 75 (198200)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Human body pose ... (306) 1st
2位 新自由主義に抗す... (289)
3位 DAOの法的地位と... (275)
4位 「余白的コミュニ... (266)
5位 個人・組織両面で... (265)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 人と違っててもい... (1899) 1st
2位 気象変化による片... (588)
3位 サイバーセキュリ... (494)
4位 なぜ神が存在する... (481)
5位 インフルエンサー... (291)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース