慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000075-0165  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000075-0165.pdf
Type :application/pdf Download
Size :944.8 KB
Last updated :Sep 21, 2010
Downloads : 711

Total downloads since Sep 21, 2010 : 711
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル マルクスの問題  
カナ マルクス ノ モンダイ  
ローマ字 Marukusu no mondai  
別タイトル
名前 Das Problem von Karl Marx  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 竹林, 史郎  
カナ タケバヤシ, シロウ  
ローマ字 Takebayashi, Shiroh  
所属 慶應義塾大学社会学研究科博士課程  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 1982  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
75  
1982  
12  
開始ページ 165  
終了ページ 184  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Das Manuskript "Kritik des Hegelschen Staatsrechts" von Karl Marx soil heutzutage noch einmal unter neuen Gesichtspunkten gelesen werden. In demselben hatte Marx die Hegelschen Staatslehre darin kritisiert, daB sich in den "Standen" nicht die Identitat, sondern die Trennung der biirgerlichen Gesellschaft und des politischen Staats zeigt. In dieser Betrachtungsweise kann man den Dualismus von beiden finden. Im Gegensatz zwischen der biirgerlichen Gesellschaft und der politischen Staat stellt sich das analoge Problem, wie man es in dem Dualismus von Korper und Geist sehen kann. Es ist hier nach den drei Themen wiederholt disktiert, wie die Struktur dieser Probleme begriffen werden soil. In dem Aufsatz wird zuerst die Philosophie Feuerbachs in Bezug auf das Problem KOrper-Geist diskutiert. Zweitens handelt es sich um die Kritik der Hegelschen Staatslere von Marx. Drittens laBt es sich gegen das Verstandnis von Lukacs und Mannheim uber das KlassenbewuBtsein einwenden.
 
目次
序
1. フォイエルバッハ哲学の検討 : 心身二元論の視点から
 a. 1833年時の立場
 b. 1847年時の立場
 c. 検討
2. マルクスによるヘーゲル国家論の批判
 a. 議会における政治的国家と市民社会の対立
 b. 原理の確認
 c. マルクスとフォイエルバッハ
 d. 『ドイツ・イデオロギー』についての注意書き
3. 問題の誤読
 a. マンハイムの立場
 b. ルカーチの「階級意識」
 c. マンハイムの検討
結
 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2010 09:00:00  
作成日
Sep 21, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 75 (198200)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 石垣島の「エコツ... (880) 1st
2位 新自由主義に抗す... (378)
3位 アイドル文化にお... (373)
4位 組織市民行動が成... (322)
5位 もしも世界がみん... (298)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (738) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (706)
3位 解説 : 体液の物... (618)
4位 姿勢維持における... (583)
5位 適応的選好形成と... (539)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース