慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000075-0121  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000075-0121.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.2 MB
Last updated :Sep 21, 2010
Downloads : 1056

Total downloads since Sep 21, 2010 : 1056
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 現象学的反省と超越論的言語  
カナ ゲンショウガクテキ ハンセイ ト チョウエツロンテキ ゲンゴ  
ローマ字 Genshogakuteki hansei to choetsuronteki gengo  
別タイトル
名前 La reflexion phenomenologique et le langage transcendental  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 谷, 徹  
カナ タニ, トオル  
ローマ字 Tani, Toru  
所属 慶應義塾大学大学院文学研究科哲学専攻倫理学分野博士課程  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 1982  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
75  
1982  
12  
開始ページ 121  
終了ページ 142  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Cette essai cherche a traiter le probleme de la reflexion transcendentale et son langage dans la phenomenologie. Husserl a tente de reflechir par le biais de la "reduction derniere" sur le present vivant (lebendige Gegenwart) qui constitue tout. Mais chez Husserl, la reflexion positionelle transforme le present vivant en objet temporel (Zeitobjekt), ce qui l'ernpeche de saisir sa vivacite. Il nous semble que l'echec de sa theorie de la reflexion ne porte pas sur un defaut de la reflexion elle-meme, mais plutOt sur celui du rapport entre la reflexion et son langage. Nous posons donc le probleme du langage transcendental qu'utilise la reflexion transcendentale. En discutant ce probleme, nous introduisons la theorie du langage de J. -C. Piguet. Ce faisant, it devient clair que le defaut de la reflexion positionelle a pour cause 1' introduction du Langage Scientifique(LS)dans la reflexion. Plus justement, entendement de soi donne a la conscience silencieuse du present vivant doit etre pane en Langage Metaphysique (LM). Ainsi, ce LM a pour fonction de creer une signification fondee sur le pre-sens, cette signification devant etre a son tour confirmee par rapport au pre-sens. Cette motion circulaire est la maniere de signifier propre au langage transcendental.
 
目次
序
1. 措定的反省の限界
2. 形而上学的(超越論的)言語の問題
3. 究極的還元と超越論的言語
結
 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Sep 21, 2010 09:00:00  
作成日
Sep 21, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 75 (198200)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 アイドル文化にお... (504) 1st
2位 日韓会談と日韓国... (476)
3位 組織市民行動が成... (343)
4位 もしも世界がみん... (320)
5位 ドイツのSNS対策... (313)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 1950年前後の加藤... (615) 1st
2位 アセトアニリドの... (584)
3位 Instagram解析に... (501)
4位 家族主義と個人主... (482)
5位 刑法における因果... (463)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース