慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000065-0113  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000065-0113.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.3 MB
Last updated :Aug 19, 2010
Downloads : 556

Total downloads since Aug 19, 2010 : 556
 
タイトル
タイトル レジャー領域確定のための準拠枠 : 力と機能による歴史的現実の再構成  
カナ レジャー リョウイキ カクテイ ノ タメ ノ ジュンキョワク : チカラ ト キノウ ニ ヨル レキシテキ ゲンジツ ノ サイコウセイ  
ローマ字 Reja ryoiki kakutei no tame no junkyowaku : chikara to kino ni yoru rekishiteki genjitsu no saikosei  
別タイトル
名前 The frame of reference for leisure domain : reconstruction of historical reality through power and function  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 熊坂, 賢次  
カナ クマサカ, ケンジ  
ローマ字 Kumasaka, Kenji  
所属 慶応義塾大学大学院  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
publisher  
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 1977  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
65  
1977  
1  
開始ページ 113  
終了ページ 137  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
 
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The leisure problem today has become an important social problem requiring an emergent solution. But unfortunately we still do not have any theoretical framework for; it. Although this paper ultimately aims at a theoretical construction of sociology of leisure, it directly confines itself to reconstruction of historical reality with a frame of reference, which will certainly be useful to establish "the domain of leisure." This paper is divided into two sections. The first part is about the frame of reference at societal level. The frame is composed of power and function. Power is defined as an ability to control the relative scarcity value among life elements. Members of a society are divided into two, basing on power component. One is power-holder, the other is power-loser. Though the concept of function has various usages among the students of functionalism, it is used here in the meaning of T. Parsons. By function, life elements are divided into two clusters ; one is instrumental, the other is consummatory. The second part deals with the reconstruction of historical reality by the frame of reference composed of power and function. The whole historical reality is divided into four eras. The first era is called one-facet society, where power and function are not differentiated. The second is called two-facets society, where two components are differentiated from each other but overlap. Two facets are called here as consummatory-upper cluster and instrumental-lower cluster. The third era is distorted-four-facets society, where two components are differentiated and crossed, but consummatory function is difined as social deviation ; hence, instrumental-upper cluster and instrumental-lower cluster. The last era is called four-facets society, where two components are differentiated and crossed ; namely, intrumental-upper, intrumental-lower, consummatory-upper, and consummatory-lower clusters.
 
目次
(I) レジャー社会学 : その歴史的現実からの要請
 1. 全体社会レベルの準拠枠
 2. 歴史的現実の再解釈
  (1) 一極構造社会
  (2) 二極構造社会
  (3) 偏四極構造社会
  (4) 四極構造社会
 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
 
本文URI
 
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 19, 2010 09:00:00  
作成日
Aug 19, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 65 (197701)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 ドイツのSNS対策... (659) 1st
2位 組織市民行動が成... (453)
3位 ネットワークにつ... (443)
4位 もしも世界がみん... (333)
5位 人びとはどのよう... (321)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (892) 1st
2位 中和滴定と酸塩基... (431)
3位 刑法における因果... (410)
4位 Instagram解析に... (405)
5位 ドイツのSNS対策... (396)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース