慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00150430-00000064-0059  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00150430-00000064-0059.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.0 MB
Last updated :Aug 19, 2010
Downloads : 1446

Total downloads since Aug 19, 2010 : 1446
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 比較都市社会学とM.ヴェーバーの都市論  
カナ ヒカク トシ シャカイガク ト M. ヴェーバー ノ トシロン  
ローマ字 Hikaku toshi shakaigaku to M. Veba no toshiron  
別タイトル
名前 Comparative urban sociology and the city by Max Weber  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 藤田, 弘夫  
カナ フジタ, ヒロオ  
ローマ字 Fujita, Hiroo  
所属 慶応義塾大学三田哲学会  
所属(翻訳) Mita philosophy society, Keio University  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 三田哲學會  
カナ ミタ テツガクカイ  
ローマ字 Mita tetsugakukai  
日付
出版年(from:yyyy) 1976  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 哲學  
翻訳  
 
64  
1976  
1  
開始ページ 59  
終了ページ 78  
ISSN
05632099  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The new trend of contemporary Urban Sociology is Comparative Urban Sociology which is represented by Gideon Sjoberg. The focus of the present study is on the type of preindustrial city. Though it is very different from contemporary point of view, th study of preindustrial city from the perspective of Comporative Sociology was formerly the field of Max Weber's study. Apart from this, it was Don Martindale who pointed out the crisis of sociological theory in American Urban Sociology. A clue to the solution to this problem, he suggested, lies in studying afresh Weber's historical establishmental research. I am interested studing Weber's city from the standpoint of above mentioned two points. Part I. a) The position of cities in Weber's studies. b) The concept of city c) Theories of city : Principles of city formation, Theory of city population, Theory of city Gemeinde. Part II. The type of city a) Oriental city vs. Occidental city b) Ancient city vs. Medieaval city c) Inland city vs. Seaside city Part III. a) Geographical infuluence to city-relevant to Weber's action theory- b) Destiny of city Gemeinde. Through the analysis of these, I want to conclude on the meaning of Max Weber's city in connection to our present Urban Sociology. I hope to emphasize that Weber's city as it is form face little future. Weber's actual analysis through the theory of city Gemeinde only is not very useful to our explanation of cities. Hence, the problem is how we make new additions to the existing Weber's theories of city formation and population and adjust it to the present context making it more meaningful to contemporary studies. But lastly, beyond and above Weber's city is truely a kind of shining tourch for us in studing Comparative Urban Sociology.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記

 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Aug 19, 2010 09:00:00  
作成日
Aug 19, 2010 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
 
インデックス
/ Public / 文学部 / [哲学] 哲学 / 64 (197601)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 日豪「ミドルパワ... (613) 1st
2位 新自由主義に抗す... (612)
3位 ドイツのSNS対策... (435)
4位 グラウンデッド・... (434)
5位 なぜ日本ユニテリ... (420)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 日豪「ミドルパワ... (2614) 1st
2位 Research on elec... (2162)
3位 新たなかたちのひ... (2010)
4位 Linguistic encod... (1974)
5位 経営者が語るアン... (1781)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース