慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN0006957X-00000093-0048  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN0006957X-00000093-0048.pdf
Type :application/pdf Download
Size :12.3 MB
Last updated :Mar 31, 2023
Downloads : 134

Total downloads since Mar 31, 2023 : 134
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル Past and future of Dr. Yamamoto  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 Schreibman, Laura  
カナ  
ローマ字  
所属 Emeritus distinguished professor of psychology at University of California, San Diego  
所属(翻訳)  
役割 Interviewee  
外部リンク  

名前 大森, 幹真  
カナ オオモリ, ミキマサ  
ローマ字 Omori, Mikimasa  
所属 早稲田大学人間科学学術院  
所属(翻訳) Associate professor at the Faculty of Human Sciences, Waseda University  
役割 Interviewer  
外部リンク  

名前 山本, 淳一  
カナ ヤマモト, ジュンイチ  
ローマ字 Yamamoto, Junichi  
所属 慶應義塾大学文学部  
所属(翻訳) Department of psychology, Keio University  
役割 Interviewer  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学大学院社会学研究科  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ダイガクイン シャカイガク ケンキュウカ  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku daigakuin shakaigaku kenkyūka  
日付
出版年(from:yyyy) 2022  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶応義塾大学大学院社会学研究科紀要 : 社会学心理学教育学 : 人間と社会の探究  
翻訳 Studies in sociology, psychology and education : inquiries into humans and societies  
 
93  
2022  
 
開始ページ [48]  
終了ページ 55  
ISSN
0912456X  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Applied behavior analysis is an evidence-based early developmental intervention. Lovaas (1987) clearly showed that early intensive intervention using discrete trial teaching method (DTT) drastically improved development of children with autism spectrum disorder. Junichi learned DTT from Takafumi Miyoshi who stayed Lovaas's Lab at University of California Los Angeles (UCLA) after the graduation form Department of Psychology at Keio University. Junichi concerned about research of experimental psychology, applied behavior analysis, and developmental science in parallel and extended the scope of innovative research. At his interest, he stayed sabbatical years (2007–2008) at Laura Schreibman's Lab in University of California San Diego (UCSD) as a visiting scholar. At 2010, Junichi invited Laura to Graduated School of Human Relations, Keio University as a visiting professor to receive intensive lectures and academic interaction with graduate students. Mikimasa Omori, Waseda University, attended the lectures as a master student. Schreibman et al (2015) after that integrated applied behavior analysis and developmental science and conceptualized naturalistic developmental behavioral intervention publishing a high impact article. In this interview, Laura, Mikimasa, and Junichi talk about past and future research of early developmental intervention for children with autism spectrum disorder in US and Japan.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
山本淳一先生退職記念
 
言語
英語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Mar 31, 2023 10:35:54  
作成日
Mar 29, 2023 15:05:32  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Mar 29, 2023    インデックス を変更
Mar 31, 2023    著者 著者ID,著者 名前,著者 カナ,著者 ローマ字,著者 所属,著者 所属(翻訳),著者 役割,著者 外部リンク を変更
 
インデックス
/ Public / 社会学研究科 / 慶応義塾大学大学院社会学研究科紀要 / 93 (2022)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1615) 1st
2位 石垣島の「エコツ... (710)
3位 Bidet toilet use... (520)
4位 731部隊と細菌戦 ... (500)
5位 新自由主義に抗す... (384)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1036) 1st
2位 インフルエンサー... (505)
3位 石垣島の「エコツ... (427)
4位 酢酸エステル類の... (402)
5位 興味が引き起こさ... (401)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース