慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00069467-00000052-0001  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00069467-00000052-0001.pdf
Type :application/pdf Download
Size :886.6 KB
Last updated :Apr 28, 2021
Downloads : 238

Total downloads since Apr 28, 2021 : 238
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル COVID-19 myth busters in world languages : a case for broader impacts of linguistic research during the COVID-19 crisis  
カナ  
ローマ字  
別タイトル
名前  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 Lee, Seunghun J.  
カナ  
ローマ字  
所属 International Christian University; University of Venda  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 Won, Daehan  
カナ  
ローマ字  
所属 Studio C-clef  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  

名前 川原, 繁人  
カナ カワハラ, シゲト  
ローマ字 Kawahara, Shigeto  
所属 Keio University  
所属(翻訳)  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應義塾大学言語文化研究所  
カナ ケイオウ ギジュク ダイガク ゲンゴ ブンカ ケンキュウジョ  
ローマ字 Keiō gijuku daigaku gengo bunka kenkyūjo  
日付
出版年(from:yyyy) 2021  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶應義塾大学言語文化研究所紀要  
翻訳 Reports of the Keio Institute of Cultural and Linguistic Studies  
 
52  
2021  
3  
開始ページ 1  
終了ページ 11  
ISSN
03873013  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
新型肺炎コロナウイルスの世界的流行を受け、言語学のコミュニティの一部では、「我々の専門知識を、この世界的問題に対して何かしらの形で役立てることはできないだろうか」という問題が議論されるようになってきた。本論文では、この問題意識を背景とした、我々のアウトリーチ活動を紹介する。具体的には、WHOが発信している「コロナウイルスに関するデマ情報のまとめ」を出来るだけ多くの言語に翻訳し、無料で公開することで、コロナウイルスに対する正しい知識を多くの人に、それぞれの人の母語で届けるという取り組みを行っている。2020年11月の時点で、109の言語への翻訳が完了している。この試みは、現在のコロナウイルスの感染拡大を防ぐ役目を担うだけでなく、公衆衛生の基礎知識を多くの言語に翻訳することで、将来的に起こりうる新たな感染流行を防止する可能性を持つ。より一般的な観点からは、本試みを「言語学の研究成果を社会還元する一例」として位置づけることができる。
As soon as it became clear that the COVID-19 pandemic was a global situation, one question that sprung up among the linguistic community is whether there is any way in which we can use our research expertise to address problems related to the pandemic. In answer to this question, this paper reports on our ongoing multi-lingual initiative, “COVID-19 Myth Busters in World Languages,” in which we translate the list of myth busters related to COVID-19 issued by WHO into as many languages as possible, including a number of minority languages. As of November 2020, our list includes up to 109 languages. This initiative has the potential to lessen the further spread of the current COVID-19 pandemic, as well as to function as a preventive measure for a future pandemic by sharing basic information about public health. From the most general perspective, we situate the current project as a case in which we can make use of our expertise for the welfare of society, having broad impacts that go beyond the linguistics community.
 
目次

 
キーワード
 
NDC
 
注記
論文
 
言語
英語  

日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Departmental Bulletin Paper  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 28, 2021 10:01:39  
作成日
Apr 28, 2021 09:59:13  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Apr 28, 2021    インデックス を変更
Apr 28, 2021    著者 役割,著者 外部リンク,著者 名前,著者 カナ,版 版,出版地 場所,出版者 名前,出版者 カナ,抄録 内容 を変更
 
インデックス
/ Public / 言語文化研究所 / 慶應義塾大学言語文化研究所紀要 / 52 (202103)
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 J.S. ミルの社会... (296) 1st
2位 新自由主義に抗す... (272)
3位 DAOの法的地位と... (209)
4位 個人・組織両面で... (206)
5位 「余白的コミュニ... (194)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 戦時期マラヤ・シ... (541) 1st
2位 Le nô Kinuta, l... (423)
3位 ビルマ戦線と憲兵... (356)
4位 人と違っててもい... (283)
5位 新自由主義に抗す... (264)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース