慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00069296-20070600-0085  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00069296-20070600-0085.pdf
Type :application/pdf Download
Size :2.7 MB
Last updated :Nov 7, 2008
Downloads : 1424

Total downloads since Nov 7, 2008 : 1424
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 初期胚神経上皮由来神経幹細胞の脳移植ドナーとしての可能性に関する検討  
カナ ショキ ハイシンケイ ジョウヒ ユライ シンケイ カンサイボウ ノ ノウ イショク ドナー トシテノ カノウセイ ニ カンスル ケントウ  
ローマ字 shoki haishinkei johi yurai shinkei kansaibo no no ishoku dona toshiteno kanosei ni kansuru kento  
別タイトル
名前 Feasibility of using proliferated neural stem cells of early embryonic neuroepithelial origin as donor cells for intracerebral grafting  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 林, 拓郎  
カナ ハヤシ, タクロウ  
ローマ字 Hayashi, Takuro  
所属 慶應義塾大学医学部外科学教室脳神経外科  
所属(翻訳) Department of Neurosurgery, School of Medicine, Keio University  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應医学会  
カナ ケイオウ イガッカイ  
ローマ字 Keio igakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2007  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶應医学  
翻訳 Journal of the Keio Medical Society  
84  
2  
2007  
6  
開始ページ 85  
終了ページ 94  
ISSN
03685179  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
The biological character of neuroepithelial stem cells (NESCs) was assessed ix vitro and in vivo to confirm the feasibility of using them as donor cells for intracerebral grafting. All of the NESCs, which were derived from mesencephalic neural plates, were immunohislochemically positive for both nestin and fibroblast growth factor〔FGF) receptor. Isolation and proliferaUon of NESCs was attempted from culture under various conditions. Neurospheres fomed in medium conしaining FGF2, and NESCs were able to grow at a maximum proliferation rate of approximately 7.3 fold in seven days. The single cells derived from primary spheres differentiated into neurons that extended long neurites in two days and expressed several neurochemical markers, suggesting maturation of the cells, but hardly any filial cells were observed. The growth potential of the NESCs, however, subsequently diminished even in the medium containing FGF2, and NESCs derived from FGF2-responsive neurospheres after serial weekly passages tended to differentiate into glial cells more than into eurons. The NESCs proliferated in seven days with FGF2, which was ransplanted into normal rat striata, also expressed nestin and TuJ I, but GFAP positive cells were hardly seen. These experimental results indicated that the neural stem cells were not always equal in their differ entiation paths and that the features of neural stem cells could be changed with the duration of culture.
NESCs could be proliferated with the addition of FGF2 with having preserved vigorous neuronal differennation depending on the required amount at its maximum under FGF2 at the 7-day time point, suggesting that 7-day-old NESCs proliferated with FGF2 may be favorable donor cells for inlracerebral grafting to
restore damaged neuronal circuits in diseased brain.
 
目次

 
キーワード
neural stem cell  

neuroepithelium  

intracerebral grafting  

fibrillary growth factor 2  

neuronal differentiation  
NDC
 
注記
原著
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Oct 27, 2009 16:12:23  
作成日
Nov 07, 2008 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Nov 10, 2008    フリーキーワード, 関連アイテム, 抄録, キーワード を変更
Oct 27, 2009    フリーキーワード, 抄録, キーワード を変更
 
インデックス
/ Public / 医学部 / 慶應医学 / 84(2) 200706
 
関連アイテム
icon_article 訂正


慶應医学. 84, 4 ( 2007 . 12 ) ,p. 260 -
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 二〇二三年度三田... (757) 1st
2位 出生率及び教育投... (678)
3位 『うつほ物語』俊... (459)
4位 新自由主義に抗す... (405)
5位 731部隊と細菌戦 ... (335)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 Predicting crypt... (2453) 1st
2位 家族主義と個人主... (1831)
3位 731部隊と細菌戦 ... (716)
4位 猫オルガンとはな... (490)
5位 新参ファンと古参... (430)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース