慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00069296-20050600-0047  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00069296-20050600-0047.pdf
Type :application/pdf Download
Size :1.8 MB
Last updated :Mar 31, 2009
Downloads : 1988

Total downloads since Mar 31, 2009 : 1988
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 食道癌治療のパラダイムシフト  
カナ ショクドウガン チリョウ ノ パラダイムシフト  
ローマ字 shokudogan chiryo no paradaimushifuto  
別タイトル
名前 Paradigm shift in treatment for esophageal cancer  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 安藤, 暢敏  
カナ アンドウ, ノブトシ  
ローマ字 Ando, Nobutoshi  
所属 東京歯科大学市川総合病院外科  
所属(翻訳) Department of Surgery, Tokyo Dental College Ichikawa General Hospital  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應医学会  
カナ ケイオウ イガッカイ  
ローマ字 Keio igakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2005  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶應医学  
翻訳 Journal of the Keio Medical Society  
82  
2  
2005  
6  
開始ページ 47  
終了ページ 53  
ISSN
03685179  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
Surgery has been taking the lead of treatment for esophageal cancer in Japan. Since the later of 1990 chemoradiotherapy for esophageal cancer patients has become popular as a non-surgical modality. First of all, chemoradiotherapy was applied to patients with highly advanced stage (T4, M1lym), who cannot be cured by surgery, and became the standard treatment modality for this stage. Then chemoradiotherapy has been applied to patients with early stage as a trial based on[he remarkable results in highly advanced stage. The result of the JCOG clinical trial showed the excellent survival equal to the result by surgery for the same stage. Therefore a randomized controlled trial comparing chemoradiotherapy and surgery for this stage is ready to start. Recently the group of active medical oncologists has been applying chemoradiotherapy to the middle stage patients(Stage IIIII), for which surgery is recognized internationally as the standard modality tor esophageal cancer patients. The paradigm shift from surgery Io nonsurgery in treatment for esophageal cancer induce a new surgical item, salvage surgery following the failure of chemoradiotherapy or the cancer recurrence.
 
目次

 
キーワード
Esophageal cancer  

Surgery  

Chemoradiotherapy  
NDC
 
注記
綜説
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 14, 2009 15:25:38  
作成日
Mar 31, 2009 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Apr 13, 2009    タイトル, フリーキーワード, タイトル タイトル, タイトル カナ, タイトル ローマ字, 出版者 カナ, 出版者 ローマ字, 翻訳, ジャンル, キーワード を変更
Apr 14, 2009    フリーキーワード, キーワード を変更
 
インデックス
/ Public / 医学部 / 慶應医学 / 82(2) 200506
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 Open-domain dial... (1690) 1st
2位 731部隊と細菌戦 ... (433)
3位 石垣島の「エコツ... (406)
4位 新自由主義に抗す... (373)
5位 In-vivo kinemati... (267)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 アセトアニリドの... (1057) 1st
2位 インフルエンサー... (492)
3位 酢酸エステル類の... (481)
4位 刑法における因果... (420)
5位 興味が引き起こさ... (406)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース