慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)KeiO Associated Repository of Academic resources

慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA)

ホーム  »»  アイテム一覧  »»  アイテム詳細

アイテム詳細

アイテムタイプ Article
ID
AN00069296-20040600-0079  
プレビュー
画像
thumbnail  
キャプション  
本文
AN00069296-20040600-0079.pdf
Type :application/pdf Download
Size :2.1 MB
Last updated :Mar 31, 2009
Downloads : 2965

Total downloads since Mar 31, 2009 : 2965
 
本文公開日
 
タイトル
タイトル 機能応答性蛍光プローブの開発とバイオイメージングへの応用 : システム生物学のためのバイオイメージング技術  
カナ キノウ オウトウセイ ケイコウ プローブ ノ カイハツ ト バイオイメージング エノ オウヨウ : システム セイブツガク ノ タメ ノ バイオイメージング ギジュツ  
ローマ字 kino otosei keiko purobu no kaihatsu to baioimejinku heno oyo : shisutemu seibutsugaku no tame no baioimejinku gijutsu  
別タイトル
名前 Bio-imaging techniques for systems biological approaches in single cells  
カナ  
ローマ字  
著者
名前 岡, 浩太郎  
カナ オカ, コウタロウ  
ローマ字 Oka, Kotaro  
所属 慶應義塾大学理工学部生命情報学科 慶應義塾大学先端生命科学研究所  
所属(翻訳) Department of Biosciences and Informatics, Faculty of Science and Technology, lnstitute for Advanced Biosciences. Keio University  
役割  
外部リンク  
 
出版地
東京  
出版者
名前 慶應医学会  
カナ ケイオウ イガッカイ  
ローマ字 Keio igakkai  
日付
出版年(from:yyyy) 2004  
出版年(to:yyyy)  
作成日(yyyy-mm-dd)  
更新日(yyyy-mm-dd)  
記録日(yyyy-mm-dd)  
形態
 
上位タイトル
名前 慶應医学  
翻訳 Journal of the Keio Medical Society  
81  
2  
2004  
6  
開始ページ 79  
終了ページ 84  
ISSN
03685179  
ISBN
 
DOI
URI
JaLCDOI
NII論文ID
 
医中誌ID
 
その他ID
 
博士論文情報
学位授与番号  
学位授与年月日  
学位名  
学位授与機関  
抄録
For understanding the cellular signal transduction from the viewpoint of Systems Biology, it is primary important to develop both the quantitative cell models and also methods for verification of the model. Visualization of the spatial and temporal changes for the intracellular signal trasduction may be one of the feasible approaches for Such mOdel verification. Recently, several sophisticated methods have been developed for visualizing intracellular substances including ions (K, Na, Mg, Ca, Zi and so on), gaseous molecules (oxygen and nitric monoxide). and second messengers (Ca, IP3, and cAMP)with optical recording techniques (conventional fluorescent microscopes with high-intensity CCD cameras and confocal laser scanning microscopes). To verify the model, perturbation of the intracellular signal trasduction and observation of the relaxation process is important. This kind of experiment is easy in the computer simulation but not in real cells. The promising methods are phtalysis of caged compounds that include the bioreactive substances and chromophore-assisted laser inactivation(CALI). I believe that the combination of the intracellular imaging and perturbation techniques will be an effective method to verify the simulation of a single cell model.
 
目次

 
キーワード
systems biology  

imaging techniques  

fluorescent robes  

signal transduction  

perturbation  
NDC
 
注記
綜説
 
言語
日本語  
資源タイプ
text  
ジャンル
Journal Article  
著者版フラグ
publisher  
関連DOI
アクセス条件

 
最終更新日
Apr 14, 2009 14:08:57  
作成日
Mar 31, 2009 09:00:00  
所有者
mediacenter
 
更新履歴
Apr 14, 2009    フリーキーワード, キーワード を変更
 
インデックス
/ Public / 医学部 / 慶應医学 / 81(2) 200406
 
関連アイテム
 

ランキング

最も多く閲覧されたアイテム
1位 新自由主義に抗す... (466) 1st
2位 斎藤隆夫の「粛軍... (355)
3位 慶應義塾図書館史... (333)
4位 M&Aにおける... (318)
5位 認知文法から考え... (312)

最も多くダウンロードされたアイテム
1位 医療用呼吸温湿度... (723) 1st
2位 A study on the s... (391)
3位 新参ファンと古参... (340)
4位 非上場株式の評価... (258)
5位 新自由主義に抗す... (245)

LINK

慶應義塾ホームページへ
慶應義塾大学メディアセンターデジタルコレクション
慶應義塾大学メディアセンター本部
慶應義塾研究者情報データベース